外資系CAの年収ってぶっちゃけ何万円?どんな生活してるの?

CAになりたい人が気になるのはやはり年収・お給料ですよね。
そこで、一番リアルに情報が得られる、さくらの知り合いのキャビンアテンダント達に聞いてみました!

思い返せば、私自身CAになりたくて調べた時、なかなかお給料について聞ける人が周りに居なくて生活の想像ができなくて、とても不安でした。
なので今回は、聞けることは全て徹底的に調査してみました。
そして答えてくれた現役の客室乗務員たちも「自分が受験生時代に情報がなくて不安だったから知りたいよね」と天使の優しさで答えてくれました。涙。

今回、人気の数社の現役CAや最近までフライトしていた友人に聞いてみましたが全部は書けないので、今回は情報が少ない外資系航空会社から書いていこうと思います。

外資系航空会社でも年収の良さが度々噂になるエミレーツのお給料事情から書いていこうと思います!

外資系航空会社 エミレーツのCAの年収てぶっちゃけ何万円?


エミレーツと言えば、アラブ首長国連邦の都市ドバイがベースの航空会社。
飛行機の保有数が世界トップクラスだったり、就航地の数が日本の航空会社の3倍だったりとお金持ちエアラインだけに、客室乗務員のお給料もよく話題になります。

早速半年前まで8年間フライトしていた友人にライン電話して調査してみると・・・

\

まずエミレーツ航空のCAの年収は、現地の通貨で貰うので、為替レートによって日本円の額が変わります。
大抵の外国ベースの外資系航空会社は現地の通貨で貰います。(現地のお金がなければ生活できません。笑)
ズバリ、エミレーツ航空CAのお給料は基本給が日本円で20万円ほど。
そこに様々な手当が付きます!
まず、フライトした時間だけ貰える手当。
エミレーツは国内航空会社では禁止されている一ヶ月100時間以上の上空乗務は普通にあります。
(かなりハードなフライトスケジュールです)

さらに、泊まりになるステイの時はステイ費を貰います。
全便国際線なので到着地の現地通貨をホテルのチェックイン時にホテルフロントで受け取ります。
例・行先によりますが日本ステイで一泊9,000円~11,000円位。

そして機内販売品の販売の係になった便では、売り上げの10%が自分のお給料で貰えます。
(日本の常識では考えられない位機内販売がバカ売れする路線があります)

ボーナスは?


年に一度ボーナスがありますが、会社の利益によるので無い年もあれば、14週間分のお給料がもらえる年があったり変動が激しいです。
ボーナス以外のお給料は変動せず安定してもらえます。
その結果、入社5年目で手取りが37~40万円程だそうです。年収で言うと500万円くらいだと分かりました!
因みに入社一年目はフライト時給も基本給も安いので付き手取り25万円~30万円くらいだそうです。
しかし、これには驚きの裏話があるんです・・・
エミレーツの現役クルーに教わった驚きの裏話、退職金、2017年の最新の手取り額etcを書いていきますね!
つづく☆

エミレーツ航空CAのお給料の驚きの裏話とは!?

2017.11.01