飛行機 味覚 高度

上空(飛行機の中)では味覚が鈍る?元CAが解説します

初めてこのブログを見て下さった人は是非「ブログの説明書」を読んで下さい♡ 今日は、飛行機の中では、味覚が鈍るか?について紹介します。   私が訓練中に、雑談として教官から教わった話をシェアしたいと思います。 目次・見たい所をクリック1 飛行機の中だと味覚は変わる?2 上空1万メートル「0.8気圧」て、どのくらい?3 上空を再現?!シンガポール航空の試食用【減圧室】4 ルフトハンザ航空の味付け戦略5 墜落に備え【機内食は高カロリー】って本当?6 最後に 飛行機の中だと味覚は変わる? 結論から言うと ...

ReadMore

ドクターソワ 効果

【ドクターソワ】美容大好きCAが効果に感動した美容液セット

初めてこのブログを見て下さった人は是非「ブログの説明書」を読んで下さい♡ 今日は、CA時代から好きなスキンケア【ドクターソワ】について紹介します。   先日、パンプスを抜いだ後の「足の臭い対策」について、ツイートしましたw CA時代、15時間フライトを終え、 パンプスを脱ぐと、、、 フローラルの臭いは決してしません🙅‍♀️ 人間だもの☘ CAになって初めて知った悩みだった😫㊙️&# ...

ReadMore

タイ航空 エアバス380

エアバス380※乗り心地ならぬ「CAの働き心地」を勝手にレポ

初めてこのブログを見て下さった人は是非「ブログの説明書」を読んで下さい♡ こんにちは!さくらです。 今日は2階建て飛行機「エアバス380」について紹介します。   エアバス380は、CAとしても、乗客としても何度も乗らせてもらった飛行機です。   普通に【エアバス380】の乗り心地を、書こうかと思いましたが、 せっかくなので 「CA時代の感想や体験談」も紹介してみる事にしました!   目次・見たい所をクリック1 そもそも、エアバス380とは?2 CAとしてA380に乗った感想 ...

ReadMore

CA おすすめ 海外旅行

国際線CA時代「感動した国」TOP3※海外旅行におすすめ

初めてこのブログを見て下さった人は是非「ブログの説明書」を読んで下さい♡ 今日は、CA時代、世界をステイした中で、おすすめの国を紹介します。   CA時代は仕事のステイや、乗務員の割引チケットで色々な国に行きました。   70都市くらいは行ったと思います。 ※現在カウント中。   パスポートに出入国のハンコがいっぱいになり、増刷したほど。 乗務の時は,ハンコが免除される国が多かったので、休日の旅行でいっぱいになりましたw   世界各国、どの国も、本当に違った良さがあ ...

ReadMore

CA辞めたい

CA達が【航空会社を退職する理由】元国際線CAの体験記

初めてこのブログを見て下さった人は是非「ブログの説明書」を読んで下さい♡ 今回は、CAが仕事を辞める理由について紹介します。 CAと言っても、全世界中のCAについて知ってる訳ではありません。笑 私や、私が実際に知っているCAさん達についてのお話として聞いて下さいね。 では、紹介していきます。   目次・見たい所をクリック1 CAが仕事を辞めた理由2 CAに多い退職理由①結婚3 CAの退職理由②体が限界4 CAに多い退職理由③「ストレス」 CAが仕事を辞めた理由 結婚 転職 体が限界になった 旦那 ...

ReadMore

CAになるには,スクール

CAになるにはスクールに行くべき?元客室乗務員の本音

初めてこのブログを見て下さった人は是非「ブログの説明書」を読んで下さい♡ 今回はCAになるために【CAスクールに行くべきか】について書いてみますね   目次・見たい所をクリック1 CAになるにはCAスクールに行くべき?2 CAスクール※CA達の本音を暴露3 CAさくら自身はスクールに行ったか?4 CAスクールに通うメリット・デメリット5 私のCAスクール活用法6 まとめ・結論 CAになるにはCAスクールに行くべき? CAになりたい人がCAスクールに行くべきかどうかの答えは、   経済的 ...

ReadMore

CA 客室乗務員の志望動機

CA受験【志望動機】私が通過したエントリーシートの文章

初めてこのブログを見て下さった人は是非「ブログの説明書」を読んで下さい♡ CA受験最初のステップ「志望動機」について私の体験を紹介します。   CA受験に関しては、航空会社の面接官が合格を決めるものです。   「これをすれば絶対内定!」という方法はありません。     ただ、私がCAを目指していた頃、内定した先輩CAさん達の情報はすごく聞きたかった。   そこで、私が実際にエントリーシートに書いた【志望動機】を書いてみる事にしました。   実際め ...

ReadMore

客室乗務員 資格

客室乗務員になるのにおすすめの資格はある?元CAが解説

初めてこのブログを見て下さった人は是非「ブログの説明書」を読んで下さい♡ こんにちは!元国際線CAのさくらです。   今日は、CA内定に、有利な資格はあるのか?について紹介します。   インターネット上では、色々な情報が溢れています。   現役CA時代、同期CAたちとインターネット上の【CAに関する情報】を読んでて、   「ん?私達その会社のCAだけど、そんな情報は本当じゃないよね」   と何度も思った経験があります。   今日は、「客室乗務員に ...

ReadMore

CA,客室乗務員,英語,TOEIC

CAになるにはTOEICは必要?航空会社別のスコア一覧

初めてこのブログを見て下さった人は是非「ブログの説明書」を読んで下さい♡ 今回は 「客室乗務員になるには, 英語資格のTOEICは必要か?」 これについて紹介します。   ※各航空会社の応募条件は突然変わる事があります。 最新情報は、ご自身で確認なさってくださいね^^   目次・見たい所をクリック1 客室乗務員になるにはTOEICは必要?2 JAL/ANA国内の航空会社のTOEIC提出3 外資系CAに必要なTOEICスコア一覧4 まとめ 客室乗務員になるにはTOEICは必要? CAにな ...

ReadMore

元外資系CAの転職先

外資系CAさん達の転職先※客室乗務員を辞めた後何してる?

初めてこのブログを見て下さった人は是非「ブログの説明書」を読んで下さい♡ こんにちは!   今回は「CAを辞めた後、どんな仕事に転職しているか?」について紹介します。   ※ここでは、私が実際に知ってる範囲だけでのデータです。 世界中のCAさんに共通する事ではありません。   今回は、外資系のエアライン時代に聞いた「日本人CAさん達の転職先」を紹介します。   目次・見たい所をクリック1 外資CA(キャビンアテンダント)さん達の転職先2 元外資系CAさんの転職体験記 ...

ReadMore

エアバス380※乗り心地ならぬ「CAの働き心地」を勝手にレポ

初めてこのブログを見て下さった人は是非「ブログの説明書」を読んで下さい♡

タイ航空 エアバス380

こんにちは!さくらです。

今日は2階建て飛行機「エアバス380」について紹介します。

 

エアバス380は、CAとしても、乗客としても何度も乗らせてもらった飛行機です。

 

普通に【エアバス380】の乗り心地を、書こうかと思いましたが、

せっかくなので

「CA時代の感想や体験談」も紹介してみる事にしました!

 

そもそも、エアバス380とは?

飛行機
A380は、エアバス社さんが売ってる飛行機。

 

呼び方は、A380と言ったり、エアバス380と言ったり・・・。

 

エアバス380の最大の特徴は、

飛行機の胴体が2階建てになってること。

 

それ以外の特徴は、

  • 座席数は、各社平均525席
  • 最大で853人乗りまで可能。←全席エコノミーとか…?!
  • 値段は約500億円
  • 巡航速度は時速約900キロ
  • 最大離陸重量560トン

ざっくり過ぎる説明ですが、

 

エアバス380は、

とにかく、超巨大な飛行機です。

 

CAとしてA380に乗った感想

飛行機

エアバス380の訓練が始まったとき、

 

外国人のインストラクターが、

welcome to our big mama aircraft A380!

ようこそ!ビックママことA380へ!

 

と言っていました。笑

 

そんなビックママことA380に、

実際に乗務してみると、、、

 

A380、本当に大きい!!(@_@)

 

おおきすぎ!w

 

A380のキャビン

エコノミークラスの、客室を見た時は、圧巻でした。

「ここは空港?!空港が飛んでる」と、CA同士で冗談を言ったほどw

 

A380は、機体の前方と後方に階段があって、

後方の階段では、フライト中、疲れすぎて白目になってる外国人CAによく遭遇しましたw

 

A380のギャレー

私が居た会社では、エアバス380はギャレーも大きかった。

※会社によって設計が違います。

 

特に、A380のビジネスクラスギャレーは、

Boeing777みたいに、ギャレーの中で小回りしながら、必要な物をすぐ取れる動線ではなく、

ギャレー内を走り回る感じでしたw

 

お客様の数が多い分、ミールも大量。

その分、ギャレーも広かったです。

 

CAによって、好き嫌いが分かれますが、

私の中ではエアバス380の、ビジネスクラスのギャレーは、修行の場でしたw

 

A380に乗務するCAの数

飛行機が大きいと、乗務するCAの数も多くなります。

 

それまでも、Boeing777で飛ぶ時、CA達の数は、約15人ほど。

※路線や会社で変わります。

 

エアバス380は、23人程のCA達が乗務していました。

 

380の時は、CA達の名前を覚えるのが、大変でした(T_T)

 

※毎便、会社の何千人のCAの中から、その便に配置されたメンバーでフライトするので、知らないメンバーの方が多いのが普通でした。

 

CA全員をまとめるパーサーも大変だったと思います。

 

A380のコックピット

エアバス380のコックピットも、言うまでもなく広々!!

 

大げさではなく、コックピットの中を、普通に立って歩けましたw

 

私が、A380のコックピットで、

「広ーーーい!!」と感動してると、

 

外国人パイロットさんが、

「僕たちが床で昼寝したり、上空でヨガできるように、会社が広く作ってくれたんだ」とジョークを言ってましたw

 

A380で着陸後、消防車に囲まれたフライト

客室乗務員

 

エアバス380でも、フライトを始めて数か月がたった頃、

飛行機は、いつもの様に着陸。

 

すぐに、パーサーから全CAに業務連絡。

 

パーサー「着陸はしたんだけど、キャプテンから

【着陸時、車輪に問題があった】と連絡がありました。

【そのまま、待機するように】との指示です」

 

りょりょ、、、了解(;'∀')

 

私は、その時、2階のアッパーデッキを担当。

 

CA席から、外の様子をうかがっていると、、、、

 

なななんと、

自分の乗ってるA380が、

レスキュー隊(消防車)に囲まれてるー!!!

 

すぐに、

機長がアナウンス。

「ladies and gentleman ,

this is your captain...

ご搭乗の皆様、機長の○○です。

 

ご搭乗機は着陸時、車輪に問題がありました。

 

念のため、レスキュー隊がスタンバイしていますが、今のところ、お客様の安全には問題はございません。

 

どうぞ、落ち着いて、客室乗務員の指示に従ってください」

 

と、私達CAへの業連の前に、というか、そのアナウンスをもって、私達CAにも状況を知らせてくれた。

 

結局、このあと、通常通りにお客様をお見送り。

 

が、しかーし!

 

エアバス380の車輪は治らず、

帰りの便は「欠航」になってしまった思い出です。

 

A380※CA時代に1番【好きだったこと】【苦手だったこと】

エミレーツ航空

CA時代、A380の好きだった事

エアバス380に乗務させてもらって嬉しかった事は、

飛行機好きのお客様が、

「A380に乗ってみたかった!」と喜んでる瞬間に、ご一緒できた事。

 

私自身、航空ファンなので、飛行機に乗って、嬉しそうなお客様に会えるのは幸せでした。

 

私も、大型機が大好きなので、CAを目指していた時、絶対にエアバス380に乗務したかったし、憧れていました。

今でも空港で380をみるとワクワクします。

 

A380の搭乗中、ボーディングブリッジが、1階と2階に設置されてる姿も好きです。

 

CA時代、A380の苦手だったとこ

私がA380の苦手だったところは2つ

  1. 広すぎてCAが失踪w
  2. 2階はタッチダウンの瞬間が予想しにくい

1、広すぎてCAが失踪w

日系時代は、みんな働き者で、サボるCAさんなんて一人も居なかった。

しかし、、、

しかし、、、

外資は、、、

居るんです、、

疲れたら、ガチでサボるCAさんが(;^ω^)

 

全ての便ではありませんが、

お客様からの【呼び出しベル】が鳴りやまない様な、超多忙なフライト中、

「あれ?○○どこ行った?超忙しいんだけど」

 

探しに行くと、別の階で、持ち場を離れて、

ゆったりお客様を会話してたり、ひどい時はトイレで寝てた人もw

 

A380は、縦に長く、さらに2階建て。

他の機種より広い分、消えたCAさんを探すのに、時間がかかった思い出です。笑

 

2.タッチダウンの瞬間を予想しにくい

エアバス380

これは、超~~~個人的かつ、マニアックな苦手ポイントです(;^ω^)

 

エアバス380の2階に乗っていると、

飛行機が滑走路に【タッチダウンする瞬間】を予想しにくい。

 

CAをしていると、数えきれない程、着陸を経験します。

 

着陸の瞬間は揺れるので、首を痛めないように、首を進行方向側の壁に付けたり、足を踏ん張ったりしていました。

 

何度も着陸を経験すると、CAの勘⁈的なものが身に付きます。

 

B777などでは、自分の中でのカウント、

5・4・3・2・1着陸ドドーーーン!

が大体ピッタリ当たってました。

 

いっぽう、A380の2階の時は、いつも外れてました。汗

 

2階からだと、地面から高すぎて、着陸の瞬間が、読めませんでした。

 

「そんな事?」と思われるかもしれませんが、A380は着陸の衝撃も大きい。

 

タッチダウンの瞬間が分かり難いのは、私にとっては、ちょっと苦手な事でした。

 

最後に

エアバス様、こんな自由勝手に、私の個人的な思いを書く失礼をお許しくださいませm(__)m

なんだか、申し訳ない気がして、一言謝っておきました(;^ω^)

 

好き勝手に思い出を書かせていただきましたが、A380で乗務できた経験は宝物です。

 

CA時代は、各機種毎に、マニュアルを覚えるのが大変でしたが、そんな貴重な機会を下さった会社に、とても感謝しています。

 

この記事を書きながら、A380にまた乗りたくなりました。

 

A380以外にも、まだまだ沢山好きな機種があるので、飛行機に乗りに行こうと思います。

 

私と同じく、A380 が好きな人に読んでいただけたら嬉しいです。

 

ありがとうございました。さくら

-飛行機・空港

Copyright© sakura blog♡ , 2020 All Rights Reserved.