キャビンアテンダントの英語勉強法

キャビンアテンダントになる!英語力が劇的アップした勉強法

更新日:

客室乗務員 英語 勉強法
こんにちは!元国際線CAのさくらです。

このページでは、私が国際線の客室乗務員になるためにした

「英語力を劇的にアップさせた勉強法」

これについて紹介します。

 

一言に英語勉強法といっても、多くの人がしている英語の勉強は大きく2つに分かれます。

  • 英語を話せるようにする勉強
  • TOEICのスコアを上げる勉強

その他、TOEFLなどもありますが、

ここでは客室乗務員になるのに必要な2つに絞って紹介します。

 

このページでは、私が日本で英会話をマスターした方法を中心に書いています。

つまり、「ネイティブと英語を話せる」ようにした方法です。

ページの後半では、更に詳しい「英会話の勉強法」を、細かく分けて紹介。

英語を話せるようになるために必要な勉強項目

  • 英単語
  • 文法
  • リスニング力
  • 英語を話す力

を解説します。

 

長くなるのでTOEICの勉強法についてはこちらのページで紹介しています↓↓

TOEICの勉強法はコチラ

CAさくら、私の英語力はどのくらいか?

私の英会話力とTOEICのレベルですが、まだまだ下手ですし勉強中ですが、レベル的にはこんな感じ。

  • 英会話力・・すべて英語の外資で数年間働き、ネイティブの友人と話してても困らないレベル。
  • TOEIC・・ギリギリ900代を維持しています。ギリギリ汗

帰国子女さんや、留学経験者の人に比べたら下手な英語です。

それでも英語で仕事をするには全く困らないレベルではあります。

 

留学経験ゼロの私が、どうやって外資系CAに合格できたか?

英語を短期間で話せるようにした方法を全て公開します。

3ヶ月で外資系CA合格!ネイティブと英語を話せるようにした勉強法

客室乗務員になるために、私が1番始めにした勉強法は、

ネイティブの先生がいる英語塾に入る。

これがすぐに失敗に終わるのですが・・・^^;

 

試験まで3ヶ月。

ネイティブと会話の練習をするために、英会話スクールを探しました。

 

とにかく1分でも多くネイティブと話して英会話力を付けたかった。

少しでも沢山レッスンを受けるために、一番安い英語塾を探しました。

オーストラリア人の男性の先生と、週1~2回レッスンを受けました。

 

しかし!!

まだまだ流暢には話せないし、不自然な英語しか出てこないさくら。

1回40分のレッスンを週1~2回、

これでは全然、会話量が足りませんでした。涙

 

このままだと、落ちる・・・

外資系のCAなんて絶対になれない・・・

 

もっと英語漬けにしないと、独学バイリンガルにはなれない気づきました。

 

実際に留学してる人は、

朝起きて、夜寝るまで英語を浴びてるわけです。

 

そこで、決意しました。

3か月間だけ、日本で英語漬けの生活を送る!!

これを実行しました。

これが1番大切!客室乗務員になれた英語勉強法

英会話力をもっと強化するために、1番最初に通った英会話を辞めました。

1番効率よくネイティブと英会話ができる勉強法に切り替えました。

 

それは、すきま時間の全て「毎日、英語ネイティブと話す」こと。

 

それができたのが、オンライン英会話です。

 

留学しないで、安く英語を話せるようにする方法としては、

「オンライン英会話で、毎日ネイティブと話しまくる」

これが、1番おすすめです。

 

私は今でもオンライン英会話で英語の勉強を続けています。

 

私が、おすすめのオンライン英会話はコチラで紹介中!

CAおすすめ毎日話せる【オンライン英会話】

 

※ちなみに、レッスン以外や、通勤時間には英語を聞きまくりました。

私が実践した英語耳の作りかたは下のページで紹介しています↓

☆おすすめの【英語聞き取り】勉強法☆彡

 

私がオンライン英会話で、外国人の先生達としたレッスンの内容を紹介します。

CAの英語面接に合格!おすすめ学習法(レッスン内容)

英語ネイティブの先生と英語のレッスンを始めて、初めの一か月にした事・・・

それは、

いきなり模擬英語面接です。

 

もう時間がなかったので、実践あるのみでした!

CA英語面接の質問集のページを見て「こんな質問をしてほしい」と先生に簡単な英語で説明し、デモンストレーションをしました。

私が使った本↓

この本は外資系CAを受験する人には読んで欲しいです。

私は英語は初心者だったし、最初は全然うまく話せませんでした。涙

 

意地でも諦めずに、ひたすら練習して、質問に少しずつこたえられるようになりました。

ネイティブの質問に答えられるようになっていたのは、リスニング強化の勉強をしておいたのは大きいです。

キャビンアテンダント流【英単語】の勉強の仕方

私の単語力の基礎は大学受験の時の英語の勉強でつけました。

高校で購入させられた単語帳1冊に出てくる単語を、ほぼ全て覚えました。

たしか、ターゲット1900とかいう、高校生に人気の単語帳でした。

赤い下敷きをあてると、日本語の意味が消えるので、自分で思い出す勉強法。

ポイント

まずは、英語を見て、日本語の意味が答えられればOKです。

英語⇒日本語で答えられる勉強を続けていれば、日本語⇒英語もできるようになります。

まずは、簡単や英⇒日で、どんどん勉強を進めて下さい。

 

ただし!これは当時、高校生で時間がたっぷりあったのでできた勉強法です。

 

今社会人の人や、CA受験に向けて英会話力を強化したい人は、

ネイティブと英会話を話すとこからスタートしてください!

 

単語帳だと、普段の会話ではあまり使わないような単語も含まれています。

よく、社会人になってからも単語だけの勉強に時間を使っている人がいますが、社会人になってから単語帳を1冊覚えるのは膨大な時間がかかります。

そこに時間をとられていたら、効率的ではないので、今高校生ではないひとは、英会話の実践練習からスタートして下さい^^

 

ネイティブとの会話の中で、知らない単語がでてきたら、ノートにまとめて覚えましょう!

さらに、3語くらいは、手に書いてその日のうちに覚えましょう^^

ちょっと、スパルタかもしれませんが、そのくらい追い込まないといつまでたっても覚えられないので☆彡

キャビンアテンダント流【英文法】勉強方法

英語を話すための英文法の勉強は「最低限でOK」

私がいつもおすすめしているのは、中学英語の文法を勉強すること。

英文法も極めようとすると永遠に時間がかかります。

だから、最低限を勉強したら、あとは実践!!英語を話しに行きましょう。

具体的な、おすすめの英単語の勉強の仕方

本屋さんにいって、薄めの中学英語の文法のテキストを買ってください。

英文法の参考書選びのポイントは

  • 薄めの本!
  • 分かりやすく書いてある本!

 

分厚いテキストでつまづいて、途中で挫折してしまうより、

薄めの中学の英文法のテキストを、2周3周と何度も繰り返し勉強した方が負担なく勉強できます。

 

分からない章は、とりあえず飛ばしてどんどん勉強を進めて下さい。

 

薄めのテキストは、基本だけが凝縮されています。

英文法テキストを2回3回と繰り返し勉強して、理解を深める事をおすすめします。

 

ここでの目的は、英語を話せるようになることです。

英文法学者になるわけではないので、英文法は最低限!

1週間くらい集中して勉強するだけでもいいと思います。

 

薄い参考書で理解できないところがあっても、大丈夫!

英会話を習って、単語力もついていくと、文法も少しずつわかってきます。

英文法の勉強法まとめ。3ステップ

  1. 本屋さんに行って中学レベルの文法テキストを買う
  2. 2周か3周繰り返し勉強して、理解を深める
  3. 理解できない箇所があってももう話しに行く!

言いたい事を【英語で言える】ようになる勉強方法

英語を話せるようにする方法というのは、英語の文章を自分で作れるようになる方法のこと。

つまり、言いたい事を英語で言える力です。

英作文力ともいいますよね。

 

英作文力で最も大切なのは、

語彙力(英単語力)!

単語をとどれだけ多く知っているかで、相手に伝わるかどうかは変わります。

大げさにいうと、旅行先などで、文法なんて適当でも、単語さえ知っていれば何とかなるんです。

 

ただし、あまりに片言だと、単語力はあっても英語面接では落とされてしまうので、

繰り返しになりますが、最低限の文法力は勉強する必要があります。

 

注意点としては、英字新聞や、テキストに載ってる英語記事で勉強してしまうと、

会話文としてはとってもかしこまって変な文になってしまいます。

 

口語としての英語を学んで欲しいです。

英会話の勉強※この英語をお手本にして

  • ネイティブの話す英語
  • 海外ドラマなどで話されてる英語

英会話の先生の話す英語や、外人の友人を作って彼らが話す英語を勉強するのが1番いいと思います。

私は毎日オンライン英会話で英語の勉強を3か月して、英語が話せるようになりした。

 

それだけでは、足りないと思ったので、英語で日記も毎日つけました。

さらに、同じく外資系のCAになりたい友達とカフェで英会話の勉強を一緒にしました。

 

お互いに英語で志望動機を質問しあったり、なんて表現したらいいか分からないところは、お互いに教えあいました。

最後に一番時間がかかる、リスニング力を強化する方法を紹介します。

【リスニング対策】キャビンアテンダントの英語勉強方法

オンライン英会話のレッスンが受けられない時間は、リスニングの勉強をずっとしました。

なぜなら、リスニングはとにかく、

大量の英語を聞いて、耳を慣らすしかないから。

リスニングの勉強と聞いて、英語をただ聞くだけでは、聞き取れるようにはなりません。

ただ聞くだけで、聞き取れるようになるなら、英語も中国語もフランス語もBGMでかけておけばいいワケです。

 

実際は、聞くだけでは、聞き取れるようにはなりません。

これにはコツがあります。

私はおすすめする勉強法で、英語ネイティブとの英語面接で、しっかり質問を聞き取れるようになりました。

リスニング対策については、質問も多くもらうので、別のページで紹介しています。

私が超おすすめする【英語リスニング勉強法】

 

CA英語面接に「留学経験ゼロの私」が合格できた勉強法・まとめ

私がCAになると決めた時、

募集があったのは大手の外資系航空会社のみ。

国内のエアラインの募集はありませんでした。

 

外資系の航空会社の採用試験は、全て英語で行われます。

英語ネイティブの外人と話せなくちゃいけない!

と言うことは、

 

とにかく、英語ネイティブと話すことが大切!

 

少しでも多くネイティブの人と会話し、【リスニング力】と【スピーキング力】を付けておかないと客室乗務員にはなれませんでした。

 

まずは、無難に英会話スクールに行きましたが、今思えば初めからオンライン英会話で勉強をしておけば良かったなと思います。

理由は、料金が格安だし、あいた時間に英会話の練習ができて効率的だから。

私は英会話だけでなく、TOEICの勉強も同時にしていたので、すきま時間に英会話の勉強ができたのは最高でした。

客室乗務員になる!「TOEIC」の勉強法

私は、TOEICが必要なエアラインも受けたので、TOEIC対策もしました。

TOEICなんて学生時代に1回受けただけでしかも700点くらいで超微妙でした。

これを1回で900点まで持っていたTOEICの勉強法も、公開しています。

TOEICを、早くスコアアップしたい人は参考にしてみてくださいね。

大人になってからTOEIC900を取った勉強法

最後に

外資系の客室乗務員になるには、「英語力の強化」は避けては通れない道です。

外資系のCAになれるかどうかの分かれ道といっても大げさではないと思います。

私と、同じように

  • 留学経験のない人
  • 今の段階で英語が話せない人

そんな人は、外資系のエアラインのCAになりたいけど、

英語のことを考えると憂鬱になってしまうかもしれません。

 

けど、大丈夫です!!

 

あなたも日本に居ながらバイリンガルになれます!

 

バイリンガルといっても、私も英語はまだまだ勉強中です。

それでも、

全て英語のCA訓練を受けて、すべて英語で仕事をする環境で、数年間仕事をしてくることはできました。

 

日本で3か月だけでも集中して勉強すれば、

100%英語で働く外資系CAの英語レベルにはなれます!

 

私はあなたより、全然頭はよくないと思います。

それでも何とかなったので、ぜひ諦めないで頑張ってほしいと思います。

 

留学したことがないから・・・

今英語が話せないから・・・

こういう、できない理由は一つづつ決して、

 

何かに挑戦するときは、

できる理由だけ見てほしいです^^

 

上に書いた記事で、私がおすすめした勉強法を項目別に整理しておきますね。

おすすめの【オンライン英会話】

TOEIC勉強法※最短で900超した方法

ネイティブ英語が聞き取れる【リスニング勉強法】

-キャビンアテンダントの英語勉強法

Copyright© CAまるわかりブログ , 2019 All Rights Reserved.