CAおすすめ海外旅行情報・持ち物など

家族にも海外旅行保険が付く【クレジットカード】CAママのおすすめ解説

海外旅行 クレジットカード 家族

こんにちは!元国際線CAで美容ライターのさくらです。

 

今回は、海外旅行におすすめのクレジットカードのお話。

自動で「家族にも海外旅行保険が付いてくる」クレジットカードを紹介します。

注意ポイント

私はCA時代も今も海外旅行に行く時、必ず保険に入ります。

旅行中に病気や事故にあった時、無保険だと、

海外は医療費が、超ーーーーーーー高いからです!!涙

とはいえ、海外旅行の度に、

家族全員で海外旅行保険に加入してたら、バカ高い!

 

年会費はかかりますが、

海外旅行保険が、自動でついてくる【クレジットカード】を持つのが1番お得です。

 

数あるクレジットカードの中で、年会費が安くて、家族全員に海外旅行保険が付いてくるカードを紹介します。

 

※クレジットカードの条件は変わる事があるので、最新情報は公式ページで最終確認をして下さいね。

家族にも海外旅行保険が付く【クレジットカード】

海外旅行で子供だけに保険が付く【子供特約カード】と、子供を配偶者の家族全員に付く【家族特約カード】の2種類があります。

 

ここでは、子供と、配偶者、

つまり、

海外旅行保険が、家族全員に付いてくるカードを紹介します。

1枚で海外旅行で家族全員の保険付きの
クレジットカードはこの3つ!

本人・死亡 傷害・疾病 年会費
セディナ ゴールドカード 2000万円/1億円※
家族1000万円
300万円
家族200万円
6000円(初年無料)
セゾン アメックスゴールド 5000万円
家族1000万円
300万円
家族300万円
10,000円(初年無料)
アメックスゴールドカード 5000万円/1億円※
1000万円
200万円
200万円
31,900円

※セディナゴールド、アメックスゴールドでは、旅費をセディナゴールドで支払えば、死亡補償が1億円に上がります。

ちなみに家族にも海外旅行保険が適応されて、年会費無料のカードはありませんでした。

 

これ以外のクレジットカードで家族特約が付いても、

・内容の割に年会費が高いもの
・ロストバゲージ(飛行機で預けたスーツケースを紛失される)補償ナシなど、

補償内容が良くない物は排除しました。

1番おすすめ「家族にも保険が付く」クレジットカード

結論から言います☆彡

 

家族にも海外旅行保険が付くクレジットカードで、

1番おすすめは、

「セディナゴールドカード」

セディナゴールドカードは、

  • 年会費は初年度無料
  • 2年目からも6000円と格安
  • カードを作るだけで自動的に保険が付く
  • 子供も補償
  • 配偶者(夫・妻)も補償
  • 同居なら祖父母も補償
  • 空港でラウンジが無料で使える
  • 国内旅行も補償される(金額は海外旅行と違う)
  • 海外旅行先で緊急時、日本語で問い合わせられる

 

初年度無料で、家族全員の海外旅行保険が補償されます。

海外旅行の度に、家族全員分の海外旅行保険に入るよりお得です。

セディナゴールドカード公式サイトはこちら

 

ちなみに、クレジットカードではない一般の海外旅行保険に家族で加入した場合の料金も調べました。

参考

海外旅行保険に入ると、ハワイで家族3人で5泊6日で行く時、

死亡補償額が同等の保険に入ると、

A社 5600円
B社 7680円

家族4人ならもっと高くなります。

 

2年目からは年会費6,000円はがかかりますが、

ポイントで年会費の元はあっという間とれます!

 

そのポイントでお買い物をしたり、商品券に変えらるので、私の場合すぐに元を取っています。

旅費を払うと一気にポイントが溜まったのでお得でした。

 

セディナゴールドカードのは年会費が安いのに、補償内容は最上級クラス

 

セディナゴールドカード 本人補償額

  • 傷害死亡・後遺障害 2000万円
    (旅費をカードで払えば1億円)
  • 傷害治療費用 300万円
  • 疾病治療 300万円
  • 携行品損害 50万円
  • 賠償責任 5000万円
  • 救援者費用 500万円

セディナゴールドカード 家族の補償額

  • 傷害死亡/後遺障害 1000万円
  • 傷害治療費用 200万円
  • 疾病治療費用 200万円
  • 携行品損害 50万円
  • 賠償責任 2000万円
  • 救援者費用 200万円

これらの補償が、海外旅行に行く度についてきます。

注意ポイント

ただし、海外旅行保険の適応期間は3か月まで。

3か月より先の滞在には適応されません。

最後に、セディナカードの注意点

セディナカードには

「セディナゴールドカード」と
「セディナカードゴールド」という、

超~~ややこしい2種類のカードがあります。

お得で、補償が充実してるのはセディナゴールドカードの方です↓↓

セディナゴールドカードはコチラ

 

年会費無料の海外旅行保険つき【クレジットカード】はある?

家族全員(配偶者も子供も含める)に、海外旅行保険が付くクレジットカードで、

年会費無料のカードはないか調べてみました。

調べた結果、

年会費無料で、家族全員に海外旅行保険が付くカードはありませんでした。

 

だだし!!

年会費無料のカードの、オプションで1000円を支払えば、

家族全員に海外旅行傷害保険が付いてくるクレジットカードがあります。

 

年会費1000円で、家族全員に海外旅行保険がつくのは

「UCSカード」

マイメロディのデザインがかわいいUCSカード。

 

UCSカードに海外旅行保険を付ける方法は簡単!

年会費無料のUCSカード会員になった後、

年会費1000円の「UCS旅とくプラス」に申し込みます。

 

UCS旅とくプラスに加入で、実質年会費1000円で海外旅行保険が付いてきます!!これは破格ですね。

年会費永年無料!UCSカード

 

UCSカードの保障内容はこちら↓↓

「UCS旅とくプラス」補償内容 本人

  • 年会費1000円
  • 死亡 1000万円
  • ケガ 100万円
  • 病気 100万円
  • 賠償責任 2000万円
  • 救援者費用 100万円

家族特約 補償内容

  • 死亡 1000万円
  • ケガ 100万円
  • 病気 100万円
  • 賠償責任 2000万円
  • 救護者費用 100万円

正直、

セディナゴールドの、死亡時1億円(旅費をカード払いした場合)や、傷病300万円に比べると、

UCSの、死亡時1000万円、傷病100万円は少額に見えます・・・

実質、セディナの年会費6000円はキャッシュバックや、ポイントで元が取れるので・・・。

 

セディナゴールドカード UCSカード
年会費 初年度無料
2年目から6000円
保険費用年間1000円
補償範囲 本人・子供・配偶者 本人・子供・配偶者
死亡 2000万円(旅費をカードで払えば1億)
家族1000万円
1000万円
家族1000万円
ケガ 300万円
家族200万円
100万円
家族100万円
病気 300万円
家族200万円
100万円
家族100万円
賠償責任 5000万円
家族2000万円
2000万円
家族2000万円
救護者費用 500万円
家族200万円
100万円
家族100万円

1番不安なのが、

UCSカードの補償は、ケガ病気が100万円しか下りない事。

 

海外で特にアメリカ圏では、万が一、交通事故、骨折、食あたり、盲腸などで入院や手術をしたら、100万円では足りません。

 

年会費が無料なのは嬉しいですが、私はセディナを使っています^^;

 

ただし!

UCSカードで保険に安く加入する裏技があります。

 

年会費無料のUCS家族カードを作って、

「UCS旅とくプラス」に加入すること!

 

年会費がさらに1000円(合計年会費2,000円)かかりますが、万が一の際、家族カード保険も追加補償されます。

子供が旅先でケガや病気をした際、パパとママの支給額をダブルで受け取る事ができます。※審査はあります。

 

UCSカードの「UCS旅とくプラス」は家族カードの持ち主にも、補償内容は同じ。

つまり、もしも病気やケガをした時、保障が合算されるので、倍額支給されます。ただし、死亡と後遺障害だけは合算されません。

UCSカード公式サイトはコチラ

 

もちろん、ケガの程度や、状況など事故後に審査はあるので、保険会社の目安ではありますが。

注意ポイント

UCSカードに限らず、

クレジットカードを複数持つと、その分、多くの保険に加入した事になります。

例)セディナとセゾンゴールドの2枚に加入すると、万が一の時、両者から保険が支払われます。

海外旅行保険が家族にもつくクレジットカード【まとめ】

クレジットカード 海外旅行保険 家族

繰り返しになりますが、海外旅行保険に行くときは、

必ず海外旅行保険には入りましょう!

 

そして、海外旅行保険は、クレジットカードの保険を使った方がダンゼンお得です^^

 

私は、クレジットカード1枚で家族全員に、海外旅行保険がつくセディナゴールドカードが、補償内容も安心だと思います。

海外旅行に行かなくても、現金払いはポイントがたまらないのでモッタイナイ!

 

しかも、クレジットカードをアップルペイに登録して、スマホで支払えるので、カードは買いものでも便利です。

年会費はかかりますが、旅費をカードで払ってがっつりポイントを貯めて、あっという間に元を取っています。

私の場合、

年会費6000円(初年度は無料)は、

実質「無料」です。

 

私は、心配性なので、保障内容を重視しますが、 最低限でいい人は、UCSカードに加入するのが年会費の面では1番お得だと思います^^

 

クレジットカードの海外旅行保険は本当にお得なので、良かったら参考にして下さい^^

長くなりましたが、最後まで読んで下さってありがとうございました。

-CAおすすめ海外旅行情報・持ち物など

Copyright© CAまるわかりブログ , 2019 All Rights Reserved.