夢が叶った!右手がなくてもパイロットになった男性

Sponsored Links




(引用元:https://scontent-sea1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/s480x480/e35/23735175_194784047745362_319372505410174976_n.jpg?ig_cache_key=MTY1MzAyODUyOTAxNjA1NzA0MA%3D%3D.2)

こんにちは!さくらです。

今日こんな動画をみました。
それはアメリカの航空会社ので働くパイロットの動画。
そこに出ているパイロットのエリックガフニーさんは右手がありません。

動画ではガフニーさんが同じハンデのある7歳のヘイリーちゃんという少女との会話がみれました。

この動画を見て昔コックピットでキャプテンと色々話した事をおもいだしました。

ユナイテッド航空「右手の無いパイロット」の動画

これがその動画

 

とても感動するし勇気をもらえますよね。
いつかエリックさんにお目にかかりたいです。
頑張って夢を叶えた人の姿にはものすごく勇気をもらえます。

感動すると同時に「さすがアメリカ!」とも感じました。
彼の努力はもちろんですが、彼を採用した航空会社も素敵だと思いました。

これに似た話をさくらも聞いたことがあります。

外資のエアライン時代、食事のサービスが終わったらよくコックピットに行っていました。
というより、行くことを会社が推奨してたので順番に行かされてましたw

そっちの方がチームとして良いコミュニケーションがとれるからとの理由で。
コックピットに遊びに行った時のお話を紹介しますね。

コックピットで機長に教わった良い話

あるロングフライトでコックピットから
「今チベット山脈の景色がスゴイ綺麗だからカメラもっておいで~」とギャレーに連絡がありました。

さくらはコックピットからの景色が大好きなので「行きまーす」と返事をして操縦室に入りました。

そこで絶景にに感動して「いいなー。CAも楽しいけどパイロットにもなりたいなー」と半分冗談で言うと

アメリカ人の機長とコーパイ(副操縦士)「Then TRY!ならトライしなよ!」

そして「アメリカではCAからパイロットになった人何人も知ってるよ^^さくらは若いしなんでもできるよ」

へー!なんかワクワクする事を聞けて嬉しかったです。そして

さくらが「日本ではCAがパイロットになるのってあまり聞かないかも」と答えると

「日本のことはいいの!国際線に乗ってるCAでしょ^^

やりたい事が叶う場所に行って叶えればいい^^

CAからパイロットになるなんてアメリカでは驚かれないよ。

そういえば、アメリカのエアラインに居た時に片耳が全く聞こえない機長もいたよ。

アメリカは「安全なフライトができる」って結果を出せればチャンスをつかめる国だからね。

1つの国でダメだからって諦めるのは早すぎるよ」

この話を聞いた時、なんだか自分の常識の狭さを感じました。

こんな感じで外国の違った考え方や自分とは違う常識を知るのが楽しかったです。

そしてこの後もパイロット2人との話は延々続きました^^:

おしゃべり好きなコックピットのおじ様達にあたるとずっとしゃべってます。
訂正、お話してくれます^^

\

最後に

この動画に出ていたエリック・ガフニーさんは動画で大きな旅客機を見ながら

My goal was fly those airplane.

there was long road to become airline pilot with one hand.

A lots of People holding me back,telling me `I couldn’t do it`

I did’t let anyone stand my way to achieve my goal.

「僕の夢はこの飛行機を飛ばすことだった。

1本の腕でエアラインパイロットになるのは長い道のりだった。

とても多くの人が僕には無理だと止めてきた。

けど、僕は夢を叶える自分の道を誰にも邪魔させなかった。」

さくらは最後の一文に涙がでました。

I did’t let anyone stand my way to achieve my goal.

この英語訳は

「僕は自分のゴールへの道のりに、誰も踏み入れさせなかった」て感じの表現。

自分の夢を叶えるために戦ってきたエリックさんのスピリッツを感じます。

みんなに無理だと言われても「エアラインのパイロットになる」と決めて
自分だけを信じで進みパイロットになったエリックさん。

彼のような事情がなくても、パイロットになるのは難しいはず。

「1本の腕でパイロットになるのはとても長い道のりだった」

とのエリックさんの言葉は本当に重みを感じます。

大きな目標や夢を掲げる時必ず「そんなの無理。やめた方が良い」と
良心から言ってくれる人が沢山居ます。

さくらはそういう声はニッコリ笑ってスルーできました。
良かれと思って言ってくれてるので感謝はします。

その人には無理だっただけで自分にはできるかもしれません。

なのでCA受験をする時「無理だよ」などのネガティブな言葉は気にしなくて大丈夫。
ましてやCAじゃない人からの弱気な言葉に怯える必要は全くないですよね。

エリックさんを見習って「夢への邪魔は誰にもさせない!」くらい強い意志で進みましょ^^

さくらの動機に6回受けてCAに合格した人や、10年かけてCAに合格した人もいます。
そして機長が話してくれたように、CAからパイロットになった人にもその後実際に出会いました。

彼らが途中で諦めなかったから叶った夢ですよね。
(引用元:https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=Eric+Gaffney+pilot#mode%3Ddetail%26index%3D1%26st%3D0)

今、CA受験、それ以外の受験で上手くいっていない人もどうか諦めないで欲しいです。

「焦らない。けど諦めない」の精神で、1度の人生好きなだけ夢を叶えて生きましょ♡

余談ですが、さくらの身内はラーメン屋さんでバイトしながら10年かけて弁護士になりましたよw

「エアラインクルーは目指した時点でみんな仲間」だとさくらは思っています。

周りの全員に無理だと言われても諦めないで下さい。

さくらはあなたを応援しています。心から☆

「焦らない、けど諦めない」これは、せっかちなさくらがいつも自分に注意している言葉です^^:

そして動画に出ていたヘイリーちゃんもどんどん夢を叶えて人生をエンジョイして欲しいと願っています。

余りに感動したので語ってしまいました。

最後まで読んで下さってありがとうございました。

Sponsored Links