聞くと怖くなる?夜間の離着陸で機内を暗くするワケ

Sponsored Links




こんにちは!さくらです。
今回は飛行機ネタを書こうと思います。
飛行機って夜のフライトの時でも機内は明るいですよね。

けど離陸と着陸の時に行ったん機内の証明を真っ暗にします。
その理由ってなんでか知っていますか?

夜の離着陸で「機内を暗くする理由」

夜のフライトで離陸や着陸の時は機内をこんな感じで暗くします。

灯りを消す前にこんなアナウンスを入れたりしていました。

「夜間の離陸に際しまして機内の照明を暗くします。灯りの必要なお客様はお手元の読書灯をご利用下さい」

ではなんで夜の離陸・着陸の時にはわざわざ機内の電気を消すのでしょうか?

その理由はさくらが習ったのは2つ

・緊急脱出した時に、暗闇でも目が見えるように
・離着陸時にCAが飛行機の外の異常に気付きやすいように

つまり目を「暗い視界に慣れさせとくため」

\

明るい部屋で急に電気をけされるとしばらくなにも見えないですよね。
しばらくしてから暗い部屋の中でどこに何があるか見えてきますよね?

それと同じで、明るい機内から、給に夜の景色の中に脱出するとしばらくはよく見えません。
なので初めから外の暗さに目を慣らしておくんです。

ちなみに飛行機の事故率は離着陸時に集中してるんです。
業界では「魔の11分間」とも呼ばれます。
外資ではcritical 11min やcritical phaseと呼んでいました。

魔の11分間って?

この11分間は、飛行機が離陸してから上空1万メートルに達する離陸後3分間と、逆に離陸前の8分間とことを言います。

一度上空に飛ばして自動操縦になってる時よりも、離陸着陸させる時の方が事故が起きやすいんです。

さくらのイメージですが、何百トンもの機体を持ち上げたり滑走路に降ろして、オーバーランさせずに止めるほうが事故は起きやすいですよね。

ってここまで怖い話を書いてしまいましたが、
飛行機は徹底的に安全を確認されてから飛んでいます。

安全対策を徹底しているからこそ機内の証明も落としてるんですよね。

ちょっと怖い話だったかもしれませんが

夜の離陸・着陸の時に機内を暗くする理由でした。

Sponsored Links