カタール航空採用「知らなきゃ後悔する裏話」

Sponsored Links



こんにちは!さくらです。

※このページでは、元カタール航空CAさんに聞いたカタール航空の厳しいルールについて紹介しています。

 

カタール航空の日本人CAの募集が出ていますね。

外資系CAになりたい人にとっては人気のエアライン。

就航地の国数が日本の航空会社の3倍以上と、規模はかなり大きなエアラインです。

 

前回の記事ではカタール航空CAの年収について書きました。

 

今回は実際にカタール航空で働かないと分からない、カタール航空のちょっと厳しい話を書きますね。

会社のルールなどは、毎年かわるので、今年も同じとは限りません。

参考程度に聞いて下さいね。

知らなきゃ後悔する「カタール航空CAの裏話」

カタール航空に入社する前に知っておいた方がいい裏話があります。

それは、

カタール航空は「規則が厳しいこと」

 

同じ中東の航空会社の、エティハド航空やエミレーツ航空と比べても厳しいです。

 

カタール航空の現役CAさんが「これは厳しい」と言っていた3点を書きます。

カタール航空CAへの厳しすぎるルール

カタール航空日本人CA募集でも厳しいルール客室乗務員に門限

①カタール航空のCAには門限がある!

カタール航空のCAは、

フライトの前日の数時間は、絶対に家で休まなくてはいけません。

 

元カタールのCAだった友人は、カタールのCAさん達は、ドーハで家に帰る時にIDをスキャンして帰宅します。

それにより、会社はそのCAが帰宅してるかどうか把握できると言っていました。

 

他の航空会社でも、次のフライトの離陸時間から逆算して、

何時間かは、レストと言って体を休めておく時間が付きます。

 

ただし、そのレストの時間を本当にちゃんと休むかどうかは自己責任。

言い換えれば「お休みが貰える」のと同じ。

ほとんどのCAはフライトに備えて寝ていますが、寝ずにギリギリまで遊んでいても、それは本人の自由。

 

フライト中眠いのは、本人の自己責任だし、仕事さえきっちりやれば問題なし。

カタール航空はその時間は絶対に家に居なくちゃダメ。

ただ友人のカタール航空のCAさん達は、

「どうせフライト前は寝るし、慣れれば気にならないよ」と言ってました。

たしかに、さくらもフライト前のレスト時間は絶対に仮眠を取っていました。

そうしないと、体力が着陸まで持たないから^^;

②身だしなみへのルールが厳しい!

元カタール航空の友人は「肌が荒れすぎると、乗務させてもらえない」と言っていました。

カタール航空の応募条件は「肌にシミや傷跡がない事」と書いてあるくらい。

カタール航空の採用条件

ただこれは、カタールが正直に明記してるだけだと思います。

実際はシンガポール航空や韓国系も、肌のコンディションには厳しいと思います。

そして採用も、正式には書いてないけど

「顔にシミや目立つバースマーク(ホクロ)があったら受からない」と、元シンガポール航空のCAの友人も行っていました。

 

これを聞いて不安になってしまった人が居るかもしれません。

\

けど、大丈夫です!

今はシミやホクロは、簡単に綺麗に取れます^^

実はさくらも、CA受験を機に、美容皮膚科で取ってしまいました。

さくらがホクロを取った話

 

そして、普段のスキンケアだって、数年前では考えられないくらい優秀な化粧品も出ています。

 

さくらも元々は、色黒だし、毛穴も開きやすい体質です。

それでもコスパがよく効果が感じられる美容液に助けられています。

うそみたいに効果を実感したCA御用達コスメ

 

カタール航空は、会社の現役のCA達にも肌に関しては厳しいエアラインです。

採用試験の時だけでも、スペシャルケアをして、

まずは内定を勝ち取りましょう!

カタール航空CAは遅刻でクビ!

これもビックリな話ですが、本当です。

 

カタール航空のCAさんは、フライトに当日遅刻したらクビです。

 

そもそも、私達CAは、オフィスでの仕事と違って、離陸に間に合わなければ、遅刻ではなく欠勤になります。

どの会社も時間厳守は絶対です。

 

社員の遅刻が、会社に与える影響は、他の仕事よりもとても被害が大きいんです。

 

カタール航空のCAさんと海外旅行に出かけた時、ドーハに帰国する飛行機が欠航になりそうだったことがあります。

その元カタールCAの友人は

「フライトに行けなかったら、くびになる~~~!」と怯えていたのを覚えています。

 

私が居た外資も、遅刻を3回した同期は解雇されていました。

私が居た外資系エアラインでは、1分でも遅刻をするとブリーフィングルームに入れてもらえず、帰宅させられます。

 

正確には出社のログインが、1秒でも送れたら遅刻としてメンバーから外されます。

1回でクビにはならないけど、めちゃくちゃ厳しかったです。

 

一方で、日本の航空会社に転職した時は、

 

ブリーフィングテーブルに揃っていないCAさんがいると、社内放送で呼び出してあげていました。

 

「ロンドン便に乗務の、○○さんブリーフィングが始まります。出社していたら教えて下さい」って。

 

優しいーーー!と感動したのを覚えています。

 

最後に

今回友人のカタール航空現役CAに色々聞いてさくらが感じた事は、

カタールは、ルールは厳しい!でもお給料はいい。

そして、ルームメイトはいますが、家具付きの家が提供され、家賃や水熱交が0円なのもありがたい。

カタール航空は、世界中の就航地を旅できる航空会社。

 

CA時代に、多くの世界に行けるのは魅力的だと思います。

 

厳しいルールを守れるCAさんなら、素敵なCAライフがおくれるエアラインだと思いました!

 

お金を貯めながら、世界中を旅するCAライフを過ごせそうですよね。

 

今の時点で世界76ヵ国に就航しそのほとんどに旅できる航空会社ってなかなか無いですよ。

 

この後は、カタール航空の面接で「実際に聞かれた質問」や「内定する人の傾向」を書いてみようと思います。

 

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました♪

 

カタール航空を受験する方、合格に向けて頑張ってくださいね。

本当に応援しています。

 

つづく・・・

ドクターソワ 口コミ うそ