ムチャぶり試験?エアアジアXまさかの○○テスト

Sponsored Links



今年もエアアジアXの日本人CAの採用がでました。
クアラルンプールがベースで人気の項目です。
前回パイロットのAさんがCA試験を受けに行ったレポートを書きました。
このページに初めて来て下さる人はここから読んで下さいね。

エアアジアXのCA受験パイロットAさんの結果

2017.11.20
今回はそのつづき。
受けに行った人にしか分からないCA試験の内容を書きますね。

エアアジアXのCA募集さくらもビックリした○○試験!

その後別の部屋に移動させられたAさん達。
そこでさせられたのは
機内アナウンス(日本語)の読み上げテスト!
さくらもこれにはビックリしました。
昔は採用試験でアナウンス試験をしてたエアラインがありました。
ただ最近は減っていたので驚きました。
アナウンスっていきなりさせられると緊張するんですよ~^^;
エアアジアXの受験生の皆さん本当にお疲れ様でした。
※さくらが習ったアナウンス上達法はまた別の記事で書いていきますね1
アナウンスをチェックしたのはエアアジアXの現役日本人CAさん。
実際にエアアジアの日本語のアナウンスがどんなものか調べてみました。

アナウンステストの後、椅子に座って待機。
15分程すると、不合格者の人の番号が呼ばれていったそうです。
レジュメ(履歴書)、TOEICスコア、パスポートなどの書類はこの後に進む人のみ提出させられます。
ここで落ちてしまった人は提出前に帰宅になります。
この1次選考の通過者がInvitation mailにあったNetworking sessionや1 on 1 Interviewに進むんだと思います。

\

エアアジアX倍率や男性受験生の数は?

今回のエアアジアXのCA採用試験でのAさん感想まとめ
・実際に見た男性受験生は4人
・1次試験でかなり落とされ7割くらいは落とされた印象。
・周りの受験生はリクルートスーツ、体にぴっちりそったセクシーなスーツ、真っ赤なスーツ、マレーシアの民族衣装のような服装の人も居た。
・みんなお化粧はばっちりメイク
・噂されてた一発芸は1次試験では無かった

2017年エアアジアXの一次試験まとめ

今回のエアアジアXの採用試験の様子を聞いてさくらが思うこと。
一次試験でまず身長検査、その後歩かせて雰囲気を見て肌をチェック、そして英語で面接。
履歴書も見ないでここでまず絞るのは外資らしい。
履歴書にある学歴や年齢よりも、譲れない項目をまず見たっていう印象です。
以前JALの面接官をしているCAさんと話したことがあります。
その人が言っていたのは
「部屋に入ってきた時の雰囲気と話した感じですぐ合否が決まるの。印象が良いのってCAに1番大事。お客様からしたら立派な履歴書のCAより接客されて嬉しくなるようなCAが良いんだから」
これを聞いた時は、なるほどと思いました。おっしゃる通りです。
先に履歴書を読んでこの受験生いいなと思っても、
後から身長が足りなかったり、手にタトゥーやアザがあると結局落とすことになります。
※なんで手にタトゥーやアザがあってはいけないのか後日アップしますね。
なのでエアアジアXは初めに基準を満たしてなければどうしようもない項目を審査。
身長、タトゥー、英語で話せるかを確認し、同時に雰囲気を見てパッと合否を決めたんだと思います。
履歴書も見てもらえないなんで残酷に思えますが、効率がいい方法ですよね。
身長、肌、英語、雰囲気、CA受験で欠かせないポイントを思い出させてもらえたエアアジアXの面接レポートでした。
Aさんありがとうございました。

ドクターソワ 口コミ うそ