まさかこの人がCA不合格?!落ちる人の共通点


外資系のエアラインから日本の航空会社に転職したさくら。
日本の新人訓練で教官に言われた一言でハッとした・・・
このページに初めて来てくれた人はココから読んでくださいね♪

外資系CA受験「グループ面接の質問」はこれ

2017.11.10
その一言でCAに合格する人、落ちてしまう人が何となく分かるようになりました。

自分がCAになって分かった面接官の気持ち

外資系エアラインの面接で私達の合否を決めたのは外人のベテランCA。
そこでの驚きの合否の結果が長い間理解できなかった。
けど国内の航空会社での教官の一言でハッとさせられた。

CA訓練で教官にハッとさせられた言葉

2017.11.10
ベテランCAの面接官が採用したい人はどんな人か。
それは、英語が上手いCAが欲しいんではなく「親しみやすいCA」が欲しかったんだ!って感じました。
CA面接は個性や英語力をアピールするのが上手い人より
「この人はお客様に優しい接客をしてくれそう、チームの中で上手くやっていけそう」
と面接官に思ってもらえる人が合格してると思います。
合格したい一心で奇抜な自己アピールに走り過ぎて
「個性は素敵でも、この人チームでやってくには向いてないな」
「お客さまからしたら話しかけにくそう」
と面接官に思われてしまうと不合格になってしまいます。
そう思われないよう注意してくださいね^^

\

外資系エアラインでの日本人CAの役割


日本人CAはその会社の世界のお客様と「日本人のお客様の接客」するために採用されています。
日本人のお客様に満足してもらう事に関して日本人CAは頼りにされます。
外人CAにはない、日本の礼儀作法や文化がわかるCAが欲しいんです。

例えばタイ人のお客様を喜ばせたいと思い、タイ人スタッフを募集して2人が来たとします。
・タイ人ぽさが全くなく英語ペラペラ「この人本当にタイ人?」って雰囲気のスタッフ
・英語はペラペラではなくても、タイ人のお客様に優しく接してくれそうなスタッフ

面接官はなにを基準に選ぶか?
「機内にいてタイ人のお客様が喜んでくれそうな人」後者が選ばれると思います。
そもそも外資には英語が話せる人材は溢れるほどいます。
前へ前へでる自己アピールより
「優しそうだな、笑顔が素敵だな」と思われたほうが良いですよ^^

最後に

外資の面接で落ちてしまった人の正確な理由は分かりません。
しかもさくら個人は個性的なのは良い事だし、個性爆発の人が大好きです。
英語がペラペラな人にも憧れます。
ただ会社が求めてるのは、お客様から見てどうか、チームの一員としてどうかが重要だと気づきました。
これは私がCA受験生だった時には分からなかった。
なのでこれからCA受験をする人に少しでもお役に立てればと思って記事にしました。

そしてもう一つ言いたいのは
さくら同様に英語が下手でも大丈夫!
面接官はあなたの人間性を見ています。
あなたが優しくて仲間と助け合って一生懸命は乗務してくれる人かどうかを見ています。

落ちてしまった人が問題アリな訳でもありません。
CAの採用人数は限られています。
その年の面接官との相性もあります。
諦めなければ夢への道は開け続けるとさくらは信じていますよ。
「落ちた事は、無かった事^^」記憶から消して自信を1mmも減らさず進みましょ♪