外資系CAの身長※アームリーチで手が届かないと不合格!?

外資系CAの身長


こんにちは!

以前、さくらの身長を公開し、JALやANAのCAさんの身長制限についての記事を書きました。

今回は、外資系の航空会社の身長制限についてお話しますね^^

その中でもアームリーチのある外資系航空会社について紹介します。

そもそもキャビンアテンダント受験のアームリーチって?

アームリーチとは、ここの高さに手が届けば合格!というテスト。

これが実際のアームリーチの写真↓

(引用元:http://www.hongkongairlines.com/ja_JP/news/detail?id=10004531523)

見た目の身長より、CAの業務で必要な高さに手が届けば合格!という審査方法。

身長できめるより、多くの人にチャンスがあって私は素敵だと思います。

今では多くのエアラインでアームリーチがとりれられています。

客室乗務員採用試験でアームリーチがあるエアライン

アームリーチがある航空会社の一覧を紹介します。

下に書いた、高さに指がタッチできないと合格できません。

余裕で届かなくてもOK!

指の先だけでも届けば合格です!

  • エミレーツ航空 212㎝
  • エティハド航空 210㎝
  • カタール航空   212㎝
  • 海南航空  212㎝
  • キャセイパシフィック航空 208㎝
  • キャセイドラゴン航空 208㎝
  • マカオ航空 206㎝
  • ジェットスタージャパン 210㎝
  • 香港航空 208㎝
  • 香港エクスプレス航空 208㎝
  • ハワイアン航空 208㎝

採用条件は年度によって変わります。

また、アームリーチに届く事と、さらに身長制限もあるエアラインもあります。

外資系のCA採用試験!アームリーチのしかた

外資は、採用試験の初日、しかも早い段階でアームリーチをするエアラインが多いです。

なぜなら、その人の英語力や人格を審査しても、アームリーチで届かなければ不合格になってしまうからです。

はやめに、ふるいにかけるということですね。

エティハドは、採用試験が始まる前に、アームリーチをした年度もあります。

アームリーチの方法は、

面接会場のホテルの壁に、指定された高さに小さなテープが貼ってあります。

靴を脱いで面接官の目の前でそのテープに触ります。

一回目届かなくても

「jacket off」(ジャケット脱いで)と言ってくれ

もう一回トライさせてくれる場合があるそうです。

大抵は一発勝負です。

アームリーチで届かなかった人は、その次の段階には勧めず、返されてしまいます・・・シビアですね。

どれだけいい人材でも飛行機を操作できなければ、

会社としてもどうしようもないんですね・・・。

実際CAの身長はどうだったか?外資系航空会社の場合

外資系エアラインのキャビンアテンダントの身長の高さ
私が居た外資系航空会社は、

背の高いCAが本当に多かったと思います。

私は160センチくらいですが、ダントツで小さい方でした。

つまり、身長が約160㎝以上の客室乗務員がほとんどでした。

私より低い人も多分居たけど、ごくわずかな気がします。

同僚の顔を10人思い浮かべても、さくらが1番低いです。

男性CAも多かったのもあり、身長が180cmくらいあるCAも沢山いました。

女性CA達も170㎝越えなんて普通にいました。

外資系エアラインでCAに身長が必要な理由

外資のCAに身長が求められるにはしっかり理由がありました。

私がいた、外資の採用もしてる上司に、

「なぜCAに身長制限があるのか?」と尋ねた時に、答えてくれた事を紹介しますね。

大型機の飛行機のドアを開け閉めするため

外資のエアラインではCAが飛行機のドアを開けたり、閉めたりするのも大切な仕事のうちでした。

その時に、飛行機のドアを最後まで安全にあけるには、体を大きく広げてドアを押し出さなければいけません。

そして、ドアを閉める時も、

片手は飛行機についてる取っ手をしっかり握ったまま、

開けられてるドアの取っ手に手を伸ばして、引っ張りしめないと行けませんでした。

ドアの開け閉めを安全に行うためには、

ある程度の身長が必要でした。

 

女性CAがドアをしめている動画があったので載せておきますね。

男性の外人CAの動画は「身長なんて必要ないでしょ?!」ってくらい簡単にしめてる動画だったので^^;

 

ちなみに動画の737は小さい飛行機。

もっと大きな飛行機はドアも重くなります。

最近は電動で閉める機種もふえてきましたが、手動の飛行機もまだまだあります。

客室の安全確保。頭上の物入れを閉めるため

客室乗務員は離着陸のために、客室を安全な状態にしなくてはいけません。

 

そのために、手荷物をいれている頭上の物入れの扉を

しっかり閉めなくてはいけないんです。

頭上の物入れを閉めるためには、

高い場所に手が届く事が必要でした。

 

外資時代の会社はボーイングもエアバスも大型機ばかり所有していたので、

飛行機の中も広く、頭上のロッカーも高い作りでした。

背の高いCAさん達は片手でバンバンと頭の上のロッカーを閉めていました。

荷物が入り過ぎて、頭上の物入の蓋が閉まらない時も、手がしっかり届くので余裕でしめていました。

 

一方私は・・・

目いっぱい背伸びして、手の指どころか、指先でつつくように閉めていました。

余りに重い時は、通路側座席の下のステップに足をかけ閉めていました。

また重い時は、仲間のCAに頼んで一緒に閉めていました。

 

ただ、皆忙しくて頼めるCAがいなかったり、

急いでいてステップに上らず、無理して閉めて、何度腰を痛めたことか・・・

ギャレーでの作業でも身長が高い方が有利

ギャレーという飛行機の中のキッチンでの仕事も大切なCAの仕事。

そこでも高いところに私は手が届か居ないので、

ステップという踏み台に乗ったり、コンテナという箱を下ろして踏み台にしていました。

背が高い客室乗務員は、そんな事しなくても、高いところに手が届くので、サクサク作業していました。

 

実際に私がCAとして乗務して、業務の中で、

やはり身長制限があるのは、仕方ないのかなと実感しました。

 

最後に

今回さくらのいた外資系の航空会社の

身長の話を正直に書かせてもらいました。

外資系航空会社のは沢山あってそれぞれ採用条件は違います。

そして、

CAを受けようと思っていて、アームリーチに今、手が届かない人も不安にならないでくださいね。

なぜなら、

私は最初、会社指定の高さには全然アームリーチが届きませんでした。

 

それを毎日、独自の「アームリーチに合格するためのストレッチ方法」

手が伸ばせるようになり、ギリギリ合格を果たしました。

 

私がしたストレッチは、本当にアームリーチがギリギリの人にはおすすめなので是非試してみて下さいね。

どうしても、アームリーチが届くようにならなかったり、身長が足りなくても大丈夫!

必ずご縁のあるエアラインは見つかります!!

頑張ってくださいね!

最後まで読んで下さってありがとうございました!さくら