ドイツワインでポカポカ♡CAさくらのペロリ旅クリスマスマーケット


さくらが新人の頃、よくフライトが入ったのがドイツ。
毎月行っていました。
フランクフルト、デュッセルドルフ、ハンブルグ、ミュンヘンとドイツ線が沢山入って冷蔵庫の中がドイツの食べ物ばかりになっていた時期があったくらい。
そのせいか寒くなるとクリスマスマーケットが恋しくなってきます。

本場ドイツのクリスマスマーケット


クリスマスマーケットとは、ドイツやオーストリアでだいたい11月の最後の週からクリスマスの前後あたりまで町の大広場で開催されるマーケット。
2016年のドイツのクリスマスマーケットの期間は
フランクフルト 11月23日~12月22日
ミュンヘン  11月25日~12月24日
ドレスデン  11月24日~12月24日
ハンブルグ  11月21日~12月23日
ケルン    11月21日~12月23日
デュッセルドルフ11月17日~12月23日
ベルリン 11月21日~12月26日
時間は10時~20時が一般的です。
※場所や年よって違うのでクリスマスマーケットのツアーをしてるような旅行会社で確認するのが1番便利です。
<ドイツ クリスマスマーケットツアー>

マーケットといっても、ホットワインやホットチョコレートやクッキーにお土産品が売れていました。
ドイツは冬は夜が長くて雪や曇りが多いので、冬の間のドイツの街をにぎやかにしている。
クリスマスマーケットの真ん中にデッカイクリスマスツリーが建てられたり、メリーゴーランドもあるくらい大規模な物。
イギリス人の同僚と。

歩くだけで別世界に居るみたいに可愛かった。
最近は日本でも日比谷のクリスマスマーケットが有名みたいですね。
それも行かなきゃ。

ドイツのクリスマスマーケットでオススメの食べ物

ドイツのクリスマスマーケットが開催される時期は11月からクリスマスあたりまで。
そんな時期なので、雪が降ってるしすごく寒い。
超寒い中、グリューワインと呼ばれるホットワインやホットチョコレートが冷えた体にしみてめちゃくちゃ美味しかった。
グりゅーワイン(ホットワイン)

どこのお店もかわいいコップで出してくれます。

グリューワインはシナモンとオレンジで香りづけされてて本当においしいです。

\

このグリューワインもお土産用に売ってるのでよく買いました。
家温めて飲むだけ。風邪の日とか寒い夜に少し飲むと最高。
日本ではここで買っています。
<グリューワイン【ホットワイン】ドイツ冬の風物詩>
ホットチョコレートのカップも可愛かった♪

そのまま立って飲む店がほとんど。
みんなで飲んで楽しかった♪
全員CA。外資は男性客室乗務員が多かったな。
気温はマイナスで寒かったー。

ホットワインスタンドと言って室内でのめる場所もあります。

クリスマスマーケットに行ったらお土産はコレ

さくらがクリスマスマーケットで絶対買うのは上に書いたホットワイン。
クリスマスプレゼントに送ったりもよくしていました。

それからコレ。ドイツのクッキー。
レープクーヘンて名前。
これがいたるところにあります。
フォトジェニックなのでみんなこのクッキーと写真を撮ってました。
ほんとにかわいいんです。クッキーとパチリ♡

これはお土産に喜ばれます。
ただ帰国時はスーツケースじゃなく手荷物にして割れないように持って帰って下さいね。
一般的なクッキーよりは丈夫なのでいつも割れずに持って帰れました。

最後に


ドイツは人も優しいし、英語も話せる人が多いです。
観光地では片言の英語でもなんとかなります。
注意点は2点、
まず、ドイツの中でもミュンヘンやフランクフルトといった街ごとに開催日か若干ずれるので現地のサイトか旅行会社に問い合わせると確実です。
※11月最後の週からクリスマス前まではどこもやっています。
<ドイツ クリスマスマーケット>
次に冬のドイツはめちゃくちゃ寒いです。
さくらが上の写真のクリスマスマーケットに行った日は、着陸後のアナウンスで「外気はマイナス10度です」と入れたのを覚えています。
なので温かくして行って下さいね。
さくらの極寒の観光地で風邪をひかない服装についてもまた後日ご紹介していきますね!
クリスマスマーケットを満喫したあとはパーサーと機長とも合流しみんなでご飯に行きました。
さくらの大好物のをあれを^^
ドイツに行ったらおすすめのご飯についてもまたすぐにアップしますね♪