リアル飛行機ドラマ!CAが一生忘れられないモロッコの女の子


さくらがCA時代に有名なベテランの男性パーサーとフライトをしました。

彼はヨルダン人。さくらのCAの友人が彼とフライトをして彼の接客が素晴らしかったと聞いていました。

乗務歴は他社も含めて35年以上。

ブリーフィング(空港のオフィスでフライト前の顔合わせと事前ミーティングの事)での自己紹介も

「Hi everyone! I’m dinosaur Pursure ○○・・・」

(ハイ!皆さん、私は恐竜パーサーの○○で・・・)と自分のベテランさをジョークにしていました。

さくらはそのパーサーと飛べるのはチャンスだと上空やステイ先で色々教えてもらいました。

そのパーサーの35年のフライトの中で1番忘れられない思い出も・・

今回は皆さんにそのパーサーの忘れられないフライトの話をシェアさせてもらいますね。

35年のCA生活で一生忘れられないフライト

パーサーがドバイベースで勤めていた時のお話。

モロッコからドバイに向かう便で1人のUMの5歳女の子が乗ってきた。

UMとは(unaccompanied minors)の略で、1人で旅行される5歳~12歳までのお客様のこと。

つまり1人で飛行機に乗ってくる子供の事。

(さくらは子供のころ飛行機に乗れなかったので、CAになってこの子供の1人旅の多さに驚いたくらい良く乗ってきます)

地上スタッフから、その少女を引き受けてCAが身の周りの事をしながら飛行機はドバイに向け無事に離陸。

食事のサービスでもその子はもりもり食べ全て順調だった。

食後には客室の灯りを落としてその子も他の乗客も眠っていた。

少ししてアフリカ人のCAがその女の子を見に行くと席には誰も居ない。

CAは心配して女の子を探すと・・

飛行機のトイレの中で女の子を発見


(引用元:https://nextshark.com/pilots-and-flight-attendants-confess-the-21-dirty-secrets-of-flying/)

機内はお休みモードで静かだった。

CAが女の子を探してトイレのドアを開けると、

 

なんと女の子が下着姿で泣いていた。

手にはビショビショに濡れた女の子の服。

CAはびっくりして、すぐに彼女をキレイな毛布でくるんでギャレーに連れて行った。

CAが事情を聞くと女の子はこう答えた。

「ママとパパに会いに行くドレスにコーラをこぼしてしまったから洗ってるの」

 

ギャレーの椅子に女の子をCAが抱っこしながら座って更に話を聞くと、

女の子の両親はモロッコに彼女を置いて、ドバイに出稼ぎに出ていた。

女の子は久しぶりに両親に会うために、誕生日にママがドバイから送ってくれたドレスを着て会いに行く便だった。

しかし、そのドレスにコーラをたくさんこぼしてしまった。

女の子は慌ててトイレに行き、泣きながら自分でドレスを洗っていた。

ここまでの話を聞いてさくらはちょっとウルウル。

「oh no…sad」(なんか悲しい)と言うと、その恐竜パーサーが

「it’s not sad story(悲しい話じゃないんだよ)」と言ってウィンクしてきた。

このベテランパーサーの話、最後が鳥肌ものなんです。

どんでん返しの続きがあったんです・・・

キャビンアテンダント達が必死に機内で洗濯?!

その女の子のいるエコノミークラスのギャレーでは

みんなが5歳の女の子を励ましていた。

あるCAは彼女にホットチョコレートを用意したりケーキを食べさせて泣き止ませようとしていました。

別のCA達は一生懸命そのドレスをきれいにしようと洗濯していた。

パーサーが「僕にそのドレスをしばらく貸してくれる?」と言うと

みんな「私達も洗ってみましたが汚れが落ちません。第一、あと数時間では乾かないと思いますよ」と。

パーサーは「大丈夫、ちょっとそのドレスをかして」といって

パーサーはそのコーラで汚れたドレスをもってファーストクラスに戻っていった。

けど、そのドレスはパーサーがキレイにして戻ってくることはなく飛行機は着陸してしまった。

キャビンアテンダントたちも泣いた!着陸後に女の子に起きた奇跡

着陸後、エコノミークラスのCAにパーサーから連絡が入った。

「女の子をファーストクラスに連れてきて欲しい」

エコノミークラスのCAが女の子を毛布で包んで抱っこして連れて行った。

パーサーは女の子に

「please have seat ,princess(お姫さま、座ってください)」と女の子をファーストクラスの座席に座らせた。

女の子をお姫様のように扱った。

そして、何かを大切そうに両手に持ってやってきた。

パーサーは膝をついて、差し出したのは、

女の子が着てきたドレスと全く同じドレスだった!!

女の子は喜んで、大はしゃぎ!

すぐに着替えてCA達みんなの前にたった。

外人のCA達は女の子を囲んで拍手喝采だったそう。

外人たちが「ピー!」とか「フォー」?!とかのお祝いの声を出して盛り上げてた場面が目に浮かびます。

後輩の客室乗務員たちもパーサーの行動を見て感動したに違いないです。

さくらはジーンとくると同時に、どうやって全く同じドレスを手に入れたのか気になりました・・・

上空に居ながらパーサーがドレスを用意したマジック

どうやってパーサーが上空から女の子のドレスを用意できたのか知りたいさくら。

それを聞くと、パーサーはこう答えました。

「we have special support team」 (スペシャルサポートチームにお願いしたの)

私は同じ会社なのにその存在を良く知らなかった。

といってもこのパーサーが会社に長くいて多くのスタッフに信用があるからできた事なのかもしれない。

上空でパーサーは、女の子のドレスが綺麗になることは無いと判断。

そのドレスのタグを地上のサポートチームに送った。

そして、パーサーの思いも伝えた。

女の子が出稼ぎに来ている両親に1人で会いに行くこと・・・

そのドレスがママからの誕生日プレゼントであること・・・

「どうか同じドレスを彼女に着せてママと再会させてあげたいんだ。

僕の給料から引いてくれて構わないから買ってきて欲しい」

と頼んでいた。

航空業界にはこういう子供の事情を聞くと、

とんでもなく頑張るスタッフが沢山います^^

国内航空会社にも世界の外資系航空会社にも。

地上のサポートチームはパーサーから送られてきたドレスのタグの情報をもとにモールに電話をかけまくった。


幸いにもドレスがあったのでダッシュでモールに行ってドレスをゲット!

それをもって空港に行き、女の子がのっている飛行機の着陸スポットで待機していたのだ。

そして、飛行機が着陸しドレスはパーサーに渡された。

地上スタッフの素晴らしい働きのおかげでパーサーはドレスを受け取り、女の子が飛行機を降りる前にプレゼントできたんです!

女の子はママが送ってくれたドレスと同じ物を着てパパとママに再会できました。

そのドレスには、ママとパパと離れて頑張っている5歳の少女を応援したいという、客室乗務員とサポートチームの愛が沢山つまっていると思いました。

同じCAとして、どうにか5歳の小さなお客様の力になりたいと頑張ったクルー達の姿勢に心を打たれました。

最後に


さくらは世界で働いて日本では分からなかった事を沢山学びました。

この話を聞いてCAとして学んだ事も沢山ありましたが、それ以外の事も学んだ気がします。

自分の国では仕事が無く、海外に働きに出ないといけない人がいる事。

両親が外国で働いて一緒に暮らせない小さな子供が沢山いる事。

はじめて会った人でもその人が困っていたら、最後まで一生懸命つくす姿勢など。

うーん、世界は広い・・・

長くなりましたが、最後まで読んで下さってありがとうございました。