最高に嬉しいCA内定の電話!ぶっちゃけどんな感じ?外資編


CA受験時代の忘れられない瞬間はいくつかあります。
その中でもCAの採用試験に合格して電話がかかってきた時は今でも覚えています。
さくらは本当にぎりぎり滑り込み合格で3社のエアラインに合格することができました。
その中で外資系の航空会社の合格の電話のお話をしますね。

CAに合格するとどんな電話がかかってくるの?


JALやANAなどの国内航空会社の客室乗務員試験と同じように
外資系のエアラインの採用面接も1日では終わらず受験期間は長かった。
グループ面接を何回かして、筆記試験を受けて、個人面接
そして最終面接・・・
普通の企業はもっと長いのかな?!世間知らずでごめんなさい。
さくらにはこの期間が100年間分くらい長く感じました。涙
最後の最終面接を終えて、外人の面接官に
「数日後にまた連絡します」
と言われていたけど、数日後が何日後なのか分からず毎日不安な日々を過ごしていました。
それから1週間位たったころ、地元のショッピングモールでお買い物中に着信あり!
番号表示をみるとそれは海外からの電話番号!
ショッピングモールであたふたしながら電話に出ました。

CAに合格!内定電話の内容を大公開!


さくら「hello?」
現地の人事の外人さん「hello? is this Ms.Sakura speaking?my name is XX,○○airline」(もしもしさくらさんですか?○○航空のXXと申します)
さくら「yes」超ビビってイエスしか言えなかった・・・
人事の外人さん「Congratulations! you are accepted as our Cabin crew! welcome to ○○airline!!」(おめでとうございます!CAとしてあなたを採用します。ようこそ私達のエアラインへ!)
さくら「oh my god!thank you so much!!」
その後しばらくどんな会話をしたのか興奮しすぎて記憶になしです。
電話をかけてくれた人は最終面接で会ったオーストラリア人の面接官とは別の人でした。
航空会社のある本社からの国際電話で、知らせる会社が多い。
入社後に聞いた話ですが、合格の電話をかけている人は世界中のCA試験受験生に電話をかけています。
喜び方は国籍によってそれぞれだけど大抵は oh my god!と言って大興奮しているって。
オフィスでは最もハッピーな仕事なんだって言ってました。
電話で相手と一緒に喜べて自分もハッピーな気持ちになれるから。
私に合格を知らせてくれた人も、優しい声で祝福してくれたのを覚えています。

CAに内定した時のさくらの気持ち


会社からかかってきてるので緊張してるけど、嬉しくて大興奮しました。
そしてCA受験の不安から解放された気持ちも大きかったです。
何か言わなきゃいけないんだけど「ありがとうございます」しか言葉が出てこなかった。
これは外資のCAに受かった時も国内の航空会社に受かった時も同じでした。
最後まで自信が無かったから、合格させてくれた会社にありがとうの気持ちが溢れていました。
ただ電話を切ってすぐに、日本を出る準備で頭がいっぱいに。
最終面接で知り合った友人も一緒に合格していたのでその子に連絡をしました。
わからない事だらけでしたが、その子と一緒に考えたり相談できたので本当に救われました。
さくらからのアドバイスとして、面接会場の帰り道、皆が試験を終えて邪魔にならない時に仲間を作っておくと良いと思います^^

まとめ

最終面接が終わってからは不安な日々が続くと思います。
けど、最終面接まで終わったならできるだけリラックスして楽しく過ごしてほしいです。
私の後輩で、いいなと思った過ごし方は合格したら外人の同期に美味しいお寿司を作ってあげたいとお寿司の料理教室に行ったそうです。
合格後に寿司パーティを開いて大人気でした!さすがです^^
合格したら、そこから日本を出るまであり得ない程、忙しくなります。
身の周りの物を買い揃えたり、退職やアパートの解約や、会社に提出する書類も沢山。
これは国内のエアラインでも一緒。
そのために体力を温存して下さいね。
注意点は電話がかかってくる時間帯は現地の国のオフィスアワー(会社がやってる時間帯)にかかってきます。
日本時間では何時になるのかチェックしておくと電話にちゃんと出られて良いと思います^^
合格を強くイメージして頑張ってください。
心から応援しています!!

国内の航空会社の内定の電話はもっと感動的でした。後日書いていきますね!
最後まで読んでくださってありがとうございました。