機内で出産なんて本当にあるのでしょうか?

こんにちは!さくらです。
今日は本当に会った機内でのエピソードをお話しますね。
それは「機内での出産」についての実話をかきますね。

さくら自身が取り上げた事はありません。
滑走路手前で産気づいてリターンは経験ありますが^^:

さくらの同僚の便で起きた実際のお話をシェアさせてください。

ホントにあった機内での出産!実際の話

さくらが居た外資系のエアラインは規模が大きかったので
さくらが在籍していた時代だけでも1年に10人以上が機内で出産していました。
サラっと書きましたが、すごい数字ですよね^^:
これは年に1度の乗務資格の更新試験の時に聞かされる数字です。
念の為、同期にも確認しましたがあってました。

外国のエアラインでの出来事なので日本には届いていないニュースですが、
もし日本の航空会社のJALやANAで飛行中にCAが赤ちゃんを取り上げていたらきっとニュースにでるでしょうね。

私が外資のエアラインに居た数年間に毎年10人以上の新しい命が上空で産まれていました。
1日に飛ばしてる便の数が圧倒的に多かったので急病人の数もその分桁違いに多かっただけですが・・・。
この記事でも紹介しています。

どこの航空会社に就職すれば一番世界中に行ける?

2017.07.23

数ある機内での出産エピソードの中でも、さくらがスゴいと思った同僚の話。

赤ちゃんを取り上げたCAはなんと○○!

これは年に1度の乗務資格の更新試験の時に聞かされたお話。

更新試験の後に、機内救急処置についての講義があります。

その講義をするのは実際に乗務しているCAの先輩。

先輩CAと言っても、元看護士のCAさんや元お医者のCAさんが講師を任されていました。

※さくらが実際に講義を受けた先輩CAさんはエジプト人女性で元お医者さんでした。これについても外資ならではなので後日記事にしますね。

話がそれましたが、

その講師のCAさんが講義で言いました。

「機内でお産が始まっても自分には関係ないと思ってるでしょう?こんなふうに思ってない??

『機内アナウンスでお医者さんを読んで来てもらったり、どうせパーサーかベテランの先輩が取り上げるでしょう・・・』

とか、男性CAは

『自分は男性CAだからどうせ女性のCAが取り上げるだろう』

とか思ってるでしょ?

甘いぞ!!」

と言って

数日前に実際に起きたメディカルケースの話をしてくれました。

この話が現役CAだったさくらが聞いても凄すぎた!

つづく・・・