こんなのアリ?幸運よ…こい!ケニア人CA涙の訴え


こんにちは!さくらです。
先日、サイトでこんな記事を見ました。
「2015年にインドネシア政府が中東21ヵ国へのインドネシア人メイドの派遣を一時的に中止すると発表」
「理由はメイドとして働くインドネシア人への人権侵害、人としての尊厳が傷つけられたケースが多発したため」だそうです。
(引用元:http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45879)

インドネシア政府にとっては海外に出稼ぎにでるメイドさん達の稼ぎは貴重な外貨収入。
それでも政府がそんな措置をとったということは、それだけひどい事が起きていたってことですよね。
さくらはこの記事を読んで色々な場面が頭の中でよぎりました。
ここに書けない事も沢山ありますが
さくらが実際に見た事や、
友人のフライトで起きた本当の話を書ける範囲で書かせて下さいね。

エチオピア線で出会った若いお客様Dさん


アフリカ大陸のエチオピア行きの便でのお話。
エチオピアも世界最貧国の1つとされている国。
エチオピアに仕事がないから言葉も通じない外国にメイドとして働きに行く若い女性が多くいます。
さくらの親友の便に若いエチオピア人女性Dさんが乗ってきました。
まだ年は20歳前後ととても若い。

その女性は目が見えません。
エコノミークラス担当のケニア人CAが親身になってDさんのお世話をしていました。
フライトはバタバタと忙しく、食事のサービスにCA達は大忙し。
やっと全てのサービスが終わりそのケニア人CAはまたDさんのところに行きました。
サービスがひと段落したら話したいお客様と会話しに行くのはよくある光景。

その女性がCAに打ち明けた衝撃の事実

CA達がギャレーで話してると、
そのアフリカ人CAがとっても悲しい顔でやってきました。
そしてケニア人CAがCA達に話した言葉が衝撃的でした。
「彼女と話したんだけど、
彼女ねメイドとして外国に出稼ぎに出ていたのね。
そして雇い主に叱られて、罰として失明させられたんだって・・・
それでもう働けないわけだから強制的に国に返される途中だって」
みんな言葉を失ってしまった。
CAたちよりも若い女性が外国に仕事に行って、
そして失明して今から家族の元にかえるんだ・・・
もう、その姿を見てCA達はこらえきれないものがありました。
そしてそのアフリカ人のCAが言いました
「彼女のためにCA達で寄付をしたいの。協力してくれる?」
その提案にCA達が「しようしようと」うなずくと同時に
「I do!!私もします!!」
と真っ先に財布からUSドルを取り出した男性がいました。
次のページにつづく・・・