フィンエア客室乗務員募集さくらが見た合格者


フィンランド航空(フィンエア)のCA募集が出ましたね。
マリメッコ飛行機で有名がfinnair。
私も大好きな航空会社です。
今回はヘルシンキベースでの募集。
これを見てさくらが新人の時にご一緒した先輩が
「今日は一緒にフライトできて楽しかったよ。せっかく会えたのに私フィンエアに転職するの」
と言ってヘルシンキに行ってしまった先輩を思い出しました。
その人以外にも同じ会社のCAが1人フィンエアに転職しました。
さくらが知ってるフィンエアの合格者はその2人です。

CAさくらが見たフィンエア合格者の共通点

実は外資系航空時代に仲のいい同期がフィンエアの採用試験を受けました。
結果は不合格。
その後その同期はANAの経験者採用を受けて合格して全日空に転職しました。
その子から聞いた事や、フィンエアについてさくらが個人的に思うことを書いてみますね。
フィンエアは若くて元気な感じより、落ち着いた優しい感じの人が合格しやすいイメージ。
少なくともさくらの知り合いの合格者はそうでした。
合格した2人の共通点
・30歳以上
・日本美人な顔立ち
・落ち着いた優しい雰囲気
・英語も日本語も品よく話す
・海外経験は長くても日本人っぽい雰囲気
フィンエアは外資の中でも30代の既卒者が受かりやすいエアラインだと思います。
インスタでもフィンエアのCAの年齢層が日本より高めだと分かります。

Today we have an all female crew on #AY005 from @helsinkiairport to #JFK. Currently 3 % of our pilots, and 88 % of our cabin attendants are female. #feelfinnair #crewlife

Finnairさん(@feelfinnair)がシェアした投稿 –


もちろん20代でも何も不利ではないです。
30代既卒でCAになりたい人にはかなりチャンスがあるエアライン。
そして募集要項にサービス業経験者とあります。
元CAじゃなくてもショップ店員や飲食店で働いてたことをアピールすればいいと思います。
当日一番見られるのはその人の雰囲気だと思います。

フィンエアの求める人材はどんな人?

募集要項にこうあります。
・Excellent understanding of Japanese culture
(日本文化をしっかり理解している人)
「日本語を話せる人」の項目はどこの会社にもあります。
ここまで強く書いてあるのは珍しい。
なのでフィンエアが採用したい人は
外国文化に染まった雰囲気の人より、英語が話せる「日本人」なんだと思います。
「日本文化をexcellentに理解している人」を求めてると書いてあるなら
その人になっちゃいましょう^^
少なくとも目指しましょう!
私ならすぐに着付けを習いに行って
「I know how to wear kimono(着付けができます)」
とか言って面接でアピールします。
そして本当に短期講座を受けに行って詳しくなっておいて面接官に話せるようにしておきます。
あとは「お寿司を作るのが好きです」とかもいいかも。
実際に作ってみて「レシピは?」とかの質問にも対応できるようにしておきます^^
それ以外に外人受けがよさそうなのは
「ヨガをしてmeditation(瞑想)して心身リラックスします」
とか?!笑
探せば色々ありそうです。
ケイコとマナブ※日本文化の習い事一覧
以前、外資で完璧に英語をはなして優秀だった受験生が落とされた記事を書きました。

外資系CA受験「グループ面接の質問」はこれ

2017.11.10
フィンエアも外人っぽい日本人より、立ち居振舞いが日本人ぽい人が欲しいんだと思います。
長くなってしまったのでさくらが思うフィンエアの面接対策はまたすぐに書きますね!