ANA機内で神対応の松山千春さんの記事を見て


歌手の松山千春さんが今年の8月20日に新千歳から大阪への移動の便で全日空に搭乗。
その便が遅れていら立つお客様のために機内アナウンスのインターフォンマイクで「大空と大地の中で」を歌ったニュースは有名です。
その時の機長を松山さんのコンサートに招待して話題になっているみたいですね。

動かないANA機で神対応の松山千春さん

さくらはこのANA機の記事を読んだとき、すごく羨ましかったです^^
遅延が起きるのも芸能人が乗っているのも良くありましたがこんな経験はありません。
狭い機内で1時間以上も待たされていたと記事にありました。
そんな長い間待たされていたらストレスは凄いと思います。
イライラしているお客様を楽しませてくれたのは、CA達にとっても神です!
松山千春さんだって待たされているのに怒るどころか自分が機内にいる事を明かして
他のお客さまのために歌を歌ってくれるなんて本当に素敵ですよね。
その動画がコチラ

映像から機種はボーイング777-200だと分かります。
エコーもなにも聞いていないただの機内放送でここまで上手く歌える松山千春さんにただただ感動です。
そしてこのニュースを見てさくらが思い出すニュースがあります。
それはブエノスアイレスの空港で同じように飛行機が遅れてしまった時のエピソード。

空港で世界的スーパースターと大合唱

飛行機に乗り込む前の空港のゲートでのお話。
ブエノスアイレスで今回と同じように飛行機が遅れて乗客がいら立っていた。
その時に一人の乗客の女性がグランドスタッフのマイクを貸りて歌い始めた。
それは歌手のシンディローパーさん。
ブエノスアイレスの空港ゲートで大合唱が起きています^^
松山千春さんのもこの動画も大好きです。

黄色い服のグランドスタッフの女性が大興奮していますね。
歌詞を覚えてるほど好きな曲を目の前で聞けたら幸せ過ぎます。

まとめ

どちらの動画もみると鳥肌が立ってしまいます。
簡単すぎる言い方になってしまいますが松山千春さんもシンディローパーさんもめちゃくちゃ優しいですよね。
超有名人なのに優しい人って何人もいました。
素敵すぎます。