CAに絶対言ってはいけない言葉を叫んだ男性


さくらがCAとして世界を旅して色んなカルチャーショックを経験しました。
日本と違いがあり過ぎてビックリした経験は数えきれません。
そのうちの1つのエピソードを書きたいと思います。

搭乗してきた白人男性あきらかに危険な臭い

さくらがエコノミークラスのCAだった頃、アフリカに飛びました。
アフリカステイの後の帰りの便での出来事
搭乗が始まってキャビンには沢山のアフリカ人のお客様がやってきました。
その多くが黒人のお客様。
そして中国人のお客様の団体も何十人もいました。
観光ではなく労働者として出稼ぎに行ってる中国の人がたくさんいました。
そんな中、身長が190cmくらいあって全身入れ墨で筋肉ムキムキの白人男性が乗ってきました。
(機内で男性はタンクトップを着てました^^写真はイメージ)
tattooが悪いわけでは全然なく
その男性、お酒の匂いがプンプン。
モロッコ人の女のCAが最初にその臭いに気づいてさくらに教えてくれた。
さくらも臭いをかいて、どのくらい酔ってるかの確認をするために挨拶のフリをして話しかけに行きました。
さくらが「Welcome onboard ,Sir!How are you?ご搭乗ありがとうございます。こんにちは」
と言うと、男性は眉毛を動かして口角をちょっと上げた。
表情でしか反応してくれなかった。
その数秒間にさくらは男性の顔を観察。
目が血走っているしお酒の匂いがスゴイ。。。これはヤバいと思いました。
酔ったお客様を乗せて上空に飛び立って、上空で何かあっては遅い。

機内でCAに絶対言ってはいけないあの言葉


同僚が酔い具合は大丈夫か確認しに話しかけに言った。
「Sir,Are you alright?お客様だ大丈夫ですか?」
って感じの事を聞くと男性はいきなり怒って怒鳴り出した。
そして彼女にむかって「F○CK YOU BITCH!!!」3回くらい連呼。
さくらはその時男性の斜め後ろに立っていた。
機内は騒然としてた。
言ってしまいましたこの言葉。
おおやけの場で使う事は許されないとっても悪い言葉。
お客様がCAに使った場合、搭乗を拒否できる言葉なんです。
さくらや他のエコノミークラスのCAもすぐに駆け付け
「that is not acceptable ,we have to report you immediately(お客様の行動は容認できません。直ちに報告します)」
と毅然とした態度をとりました。
パーサーは機長に報告。
機長がオフロードの命令を決定(飛行機から降りてもらう決定)
そして空港の警察に通報した。
すぐに警察が飛行機の下まで来てドアのとこまで上がってきた。
パーサーがドアのとこまで歩くよう男性に話し、
なんでかよくわかりませんが男性は飛行機のドアのとこまではすんなり歩いてくれた。
けど飛行機から降りて状況が把握できたのかまた怒鳴り始めた。
そこでアフリカの警察がすかさず取った行動に仰天!!
つづきはコチラ

ヒョエ~機内騒然大パニック!

2017.11.17