エミレーツ航空CAのお給料の驚きの裏話とは!?


前回エミレーツ航空のCAのお給料についてのぶっちゃけ話を書きました。

外資系CAの年収ってぶっちゃけ何万円?どんな生活してるの?

2017.07.31
今回はさらに詳しくCAのお金事情を書いてみますね。

エミレーツ航空CAのお給料の驚きの裏話とは!?

エミレーツのあるアラブ首長国連邦は無税・税金0円です。
つまり、年収500万円がそのまま手取りになります!!
そして、大きな出費である、家賃もタダなのでそのすべてがお小遣いです。
日常の生活も、空港へは会社の無料バスが家まで迎えに来てくれるので交通費はタダ。
機内に乗り込めば、社員食堂の代わりにクルーミールと言って果物やサンドイッチなどが置いてあります。
・家賃タダ(家具・電化製品付き)
・水道ガス電気代タダ
・税金無し
は大きいですよね。

それ以外にもエミレーツCAは特典がたくさん!

家は会社がビルごと何棟も借りているので家賃・水道・光熱費も無料。
いくつも寮があり、中には六本木ヒルズのような何十階建ての高層マンションの寮もいくつもあります。
新卒20代で高層マンションに住めるのは日本では難しいですよね。
実際のドバイのマンション↓↓

家具付きで最低限の生活雑貨も入居時に揃えていてくれます。
外国のマンションなのですべての家にジムとプールが付いています。(ジム利用代はもちろん無料)
病気の際は、会社の地下に社員専用クリニックがありCAは診察はタダで薬はお給料から天引きされます。
(医療サービスは日本のようにいいとは言えません!大病するなかれ・・・)
仕事では、制服や靴やカバンまで全て貸し出されます。
そして、ステイ先はホテルの朝食ビュッフェがタダになったりルームサービスが半額で食べられたり、 嬉しい割引きがあります。
ホテルのジムも無料で利用できます。

CAの福利厚生って本当にいいの?エミレーツはどうなの?

CAの福利厚生の代名詞が格安航空券。
自分の会社の飛行機を正規価格に比べたら、ただ同然の料金で利用できます。
エミレーツCAの話で面白かったのが、ドバイ日本の往復航空券は通常格安サイトで15万円程(時期により変動します)ですが、CAは1万円位で使えるので、大学時代に地方から実家に帰る方が交通費が高かったそうです。
日本以外も世界中どこでも行けるので好きな時に旅行でき、提携しているホテルを利用すれば激安価格で旅行が楽しめるそう。
ドバイ国内の休日もマリオットや高級ホテルのステーキハウスやイタリアンが会社のIDを見せると格安価格で食べられたり、SEFORAなどのコスメショップでも割引が使えます。
有給は年30日間の100%消化。またキャビンアテンダント同士で割り振られたフライトを交換できるので、休みたいクルーと飛んで稼ぎたいクルーが会社のサイトを通じて、スケジュールを交換し、休みを長くできるのもエミレーツならでは。
これは飛びすぎも休みすぎもダメなのと一定の条件を満たさない場合、交換できない場合がある。
産休は1年と短く産後数か月で復帰しなくてはならず、産休中は無給です。
はい、産休中は無給。国内の航空会社はちゃんともらえます。
これ以外にも外国の会社で働くのに知らないと怖い落とし穴?!があります。
つづく