空港にはお仕事がいっぱい「ハイリフトローダー」の働き


以前友人にこんなお土産をもらいました。
空港で働く色々な車のミニチュア。
いろいろな航空会社の飛行機グッズを揃えるのが大好きなさくらにプレゼントしてくれました。
これが本当にドストライク!興奮しました。
子供の頃からJALやANAの飛行機模型やCAになってからも各社のCAリカちゃんを集めるのが好きです。
さくら同様に空港大好きな人が居てくれたら嬉しいです。
せっかくなのでこの空港で働く車の紹介をしたいと思います。

この車っていったい何をするクルマ?


この車、ハイリフト車(ハイリフトローダーとも呼ばれます)
飛行機のドアの下で駐車して、上に物を持ち上げるんです。
こんな感じで。

おもちゃでは再現されていませんが本物は床部分がローラーになっていて荷物を転がせます。
実際のハイリフト車の荷台は映ってないけど、ローラーで荷物を動かしてるイメージ写真

(引用元:http://www.ibaraki-airport.net/more/heavy-vehicles/hl-bl.html)

ハイリフト車ってなにする車?

飛行機に乗る時、スーツケースを預け荷物にしますよね?
そのお客様の荷物はまとめてコンテナとよばれる大きな箱にしまわれます。
スーツケースを入れるコンテナのミニチュアはこれ↓

その激重いコンテナや荷物を飛行機の貨物室に持ち上げて入れてくれるのがこの車。

とっても力持ちの車です。
上まで持ち上げたら、コンテナの下が接してる床部分のローラーが回って貨物室に入れます。
コンテナ以外にもパレットと呼ばれる荷物も運び込みます。
NHKの地球ドラマチックでやってた「巨大空港の舞台裏」の画面をパチリ
この番組はめちゃくちゃ面白かったです。おすすめ!
ハイリフト車がパレットを運んでる最中の写真

こんな部屋みたいなコンテナが設置されたタイプではケータリング(機内食)をドアから客室に運び入れます↓

機内食を入れたカートが搬入されてる写真↓
CAはコレを押しながら客室の通路に出てお食事のサービスをするんですよ^^

CAさくらのハイリフトローダーの思い出


さくらがハイリフトローダーを見て思い出したのはケータリングさんとの話。
空港に着陸してお客様が全員降りている時、ケータリングの搬入予定のドアの下にもうハイリフトローダーがスタンバっています。
(すぐに次の便の機内食を搬入するため)
そして機内食を積んだコンテナがケータリング担当者を乗せて上がってきます。
設置が整ってケータリングを運び込む準備ができたら飛行機のドアを外からノック。
CAはノックを確認しお客様が全員降機したのを確認できればOKサインを出しドアが開けられます。
CAのOKサインがないままではケータリングさんは絶対にドアを開ける事ができません。
冬の北海道やロシアでもケータリングさんが雪の中ノックをしてきても、まだお客様が居てOKサインを出せないことはしょっちゅう。
やっとOKサインが出せてドアが開いたらケータリングのおじさんが「死んじゃうよ~。たき火するとこだったよ~」って冗談を言ってきたのが懐かしいです。
このハイリフト車、これ以外にもお客様の命にかかわる仕事もするんです。
長くなるのでまたすぐに書きますね^^
つづく・・・