バタバタの機内で禁止用語をシャウト?!CAさくらの失敗談


綾瀬はるかさんのハッピーフライトや上戸彩さんのアテンションプリーズ を見た人から
「実際にさくらもあんなミスしたことある?」と聞かれます。
実際にしてしまったミスの話ならいくらでもあります。
ここでもその話をしました↓

何やってんの「クルーもドン引き」CAさくらの失敗談1

2017.10.13
今回はまた別のフライトでのお話。
さくらがエコノミークラスのCAだったころ、もう毎日が上空で運動会をしてるみたいにバタバタでした。
その中でも飛行機が目的地に近づいて着陸態勢に入る直前が大忙し!
着陸に向けてCAも座らなきゃいけないし、機内のあらゆる物を安全に片づけなくてはならない。
そんな時にさくらがやらかした大失敗ネタを書きますね。

大忙しのバーミンガム線で目を覚ましたお客様に

ある日のバーミンガム線のお話。
機内は全クラス満員御礼のフルハウス(全席満席の事)。
さらにバーミンガム線の特徴はとにかく忙しい。
6時間以上の長距離線なのに全然座れないし、お酒大好きのお客様が多い路線で呼び出しベルが鳴りやまない。
さくらもずっと走り回っていた。
食事のサービスが予定よりかなり遅れて終了した。
そしてすぐに着陸に向けて機内の安全確保をしに回らなければならなかった。
ビジネスクラスのギャレーから後方のエコノミークラスのギャレーに戻る時のこと。
みんな時間が無いのでCA同士いろいろ助け合っていた。
さくらが「エコノミークラスのギャレーに戻るから何か持ってく物はない?」
と聞くと機内で使うトレイやらエコノミークラスの食器などを持って行くよう頼まれた。
両手に一杯の荷物を持って客室の通路を歩いていると1人の日本人のお客様が目に入った。
そのお客様は、さっきまで「起こさないで下さい」って意味のシールを座席に貼って眠っていた。
シールとは座席ポケットにあるシールのこと。
私達CAが食事のサービスの時に起こした方が良いのか、起こさないほうがいいのか分かるようにお客様が貼ってくれるもの。
航空会社によってないところもあるけど、実際の写真がこれ。

(引用元:http://imagec.navi.com/images/templates/HAWAII/5037536/c9e17cec165dd538_S2.jpg)
このシールを座席の頭をつける部分の横に貼るシステム。
なんとそのお客様の頭にシールが引っ付いていた。
それが、頭の中でも髪が無くて肌になってしまってる部分に・・・。

CAさくらが言ってしまったNGワード


シールがついてしまってた部分は、カッパで言うと皿の部分に。
直訳するとハゲてる部分。汗
そこでさくらは「失礼いたします。お客様の頭にシールがついてしまっています」
と小声で言ってもどの部分か伝わらなかった。
頭の中の全然違う部分を触るお客様。
さくらの両手はふさがっているし、言葉で表現するしかない。
「えっと、もう少し上です・・・あっ、もう少し左・・・」
そうやっているさくらの視界に後ろのギャレーで「早く戻ってこい!席に付け!」って怖い上司がジェスチャーで言ってきていた。
さくらは焦ってしまった。。。
そして「えっと、その横の、えっと、えっと、そのハゲの部分です」
・・・言うてもた・・・やってもた・・・
けど、その説明でピタっとシールを触れたお客様。
さくらは「大変失礼いたしました。」といってエコノミークラスのギャレーに戻りました。
心で土下座です。
そしてダメCAだぁ。
そんな失礼なこと言ってしまって重罪だぁ。
またやらかしてしまった。。。
反省しました。

まとめ

このエピソードは思い出すだけでまた落ち込み話です。
日本からの便では無かったので周りに日本人はいなかったけどとんだ大失敗です。
この便を機に日本語での接客をもっとちゃんと勉強しようと思ったさくらでした。
さくらが失敗エピソードをあえて書く理由があります。
それはこのページの最後に書いたのでよかったら読んでください♪

何やってんの「クルーもドン引き」CAさくらの失敗談1

2017.10.13

最後まで読んで下さってありがとうございました。