CA生活で「一生忘れられない」モロッコの女の子の旅1


さくらがCA時代に有名なベテランの男性パーサーとフライトをしました。
彼はヨルダン人。さくらのCAの友人が彼とフライトをして彼の接客が素晴らしかったと聞いていました。
乗務歴は他社も含めて35年以上。
ブリーフィング(空港のオフィスでフライト前の顔合わせと事前ミーティングの事)での自己紹介も
「Hi everyone! I’m dinosaur Pursure ○○・・・」
(ハイ!皆さん、私は恐竜パーサーの○○で・・・)と自分のベテランさをジョークにしていました。
さくらはそのパーサーと飛べるのはチャンスだと上空やステイ先で色々教えてもらいました。
そのパーサーの35年のフライトの中で1番忘れられない思い出も・・
今回は皆さんにそのパーサーの忘れられないフライトの話をシェアさせてもらいますね。

35年のCA生活で一生忘れられないフライト

パーサーがドバイベースで勤めていた時のお話。
モロッコからドバイに向かう便で1人のUMの5歳女の子が乗ってきた。
UMとは(unaccompanied minors)の略で、1人で旅行される5歳~12歳までのお客様のこと。
つまり1人で飛行機に乗ってくる子供の事。
(さくらは子供のころ飛行機に乗れなかったので、CAになってこの子供の1人旅の多さに驚いたくらい良く乗ってきます)
地上スタッフから、その少女を引き受けてCAが身の周りの事をしながら飛行機はドバイに向け無事に離陸。
食事のサービスでもその子はもりもり食べ全て順調だった。
食後には客室の灯りを落としてその子も他の乗客も眠っていた。
少ししてアフリカ人のCAがその女の子を見に行くと席には誰も居ない。
CAは心配して女の子を探すと・・

トイレをあけると女の子が


(引用元:https://nextshark.com/pilots-and-flight-attendants-confess-the-21-dirty-secrets-of-flying/)
機内はお休みモードで静かだった。
CAが女の子を探してトイレのドアを開けると、なんと女の子が下着姿で泣いていた。
手にはビショビショに濡れた女の子の服。
CAはびっくりして、すぐに彼女をキレイな毛布でくるんでギャレーに連れて行った。
CAが事情を聞くと女の子はこう答えた。
「ママとパパに会いに行くドレスにコーラをこぼしてしまったから洗ってるの」
ギャレーの椅子に女の子をCAが抱っこしながら座って更に話を聞くと、
女の子の両親はモロッコに彼女を置いて、ドバイに出稼ぎに出ていた。
女の子は久しぶりに両親に会うために、誕生日にママがドバイから送ってくれたドレスを着て会いに行く便だった。
しかし、そのドレスにコーラをたくさんこぼしてしまった。
女の子は慌ててトイレに行き、泣きながら自分でドレスを洗っていた。

ここまでの話を聞いてさくらはちょっとウルウル。
「oh no…sad」(なんか悲しい)と言うと、その恐竜パーサーが
「it’s not sad story(悲しい話じゃないんだよ)」と言ってウィンクしてきた。
このベテランパーサーの話、最後が鳥肌ものなんです。
どんでん返しの続きがあったんです・・・
むしろ、そっちの話にさくらは泣きました、涙
続きは次回書きますね!